ベッドの上でのテクニックを磨くことは彼氏とラブラブでいるために大事なことです。
ですが時に、勘違いなテクニックや振る舞いを披露して、不本意にも彼に引かれてしまう女性は少なくありません。

私のやってることって意外と間違ってるのかも……!?なんて感じたことがある女性も、多いのではないでしょうか?
そこで今回は、男性が実はしてほしくないベッドでの勘違いプレイについて解説していきたいと思います!

(1)自分から服を脱ぐ

『自分から積極的に服を脱がれるとちょっと引くわ……』(28歳/IT)

女性は、自分から服を脱ぐのは基本的にNG。
しかも積極的に服をバンバン脱ぎ捨てていくのは、女性らしい恥じらいや品に欠けるため、男性にはドン引きされがちなんです。

基本的には彼の行動を待ちながら、脱がされたときに少し恥ずかしがるように振る舞うのがオススメですよ。

(2)わざとらしく声を上げる

『わざとらしい大きな喘ぎ声って萎えるんだよね……』(27歳/企画)

声のトーンやボリュームにも気をつけたいところですね。
わざとらしく大きな声を出したり、あまりにもぶりっ子すぎるアニメ声で喘いだり……

そんな不自然な声を出されるばかりでは、さすがに彼も違和感を覚えます。
もっと自然に喘いでくれないかな……と内心思ってしまい、エッチにも集中できないでしょう。

(3)乳首を攻めればいいと思っている

『乳首を触ればだれでも気持ちいいわけじゃないよ』(27歳/飲食)

乳首が性感帯の男性はたしかに多いですが、誰でも乳首で感じるわけでないのも事実です。

彼を喜ばせようと積極的に乳首を触っていても、人によってはそれは勘違いになることもあります。
感じ方を見て、違うかもと思ったときは、やめておくのが無難ですね。

(4)フェラの刺激が強すぎる

『強く吸いつきすぎて痛いです』(26歳/不動産)

フェラにあまり慣れていない女性は、変に力強く吸いついてしまうことがありがちです。

急に刺激を加えられれば、彼の大事なところですから、気持ち良いどころか「イテテテテ……」となってしまいますよね。
緩急が大事なので、いきなり力強く刺激を与えないようには注意したいところです。


勘違いプレイが多いと、さすがに彼もエッチをする際に引いてしまうことも多くなります。
そんなドン引きされる瞬間が多くなればなるほど、彼には冷められやすいので、心当たりがある人はぜひ気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)