カップルにとってデートをする事ってとても幸せな時間の一つですよね。
一緒にいるだけでも十分楽しいかもしれませんが、お互い余韻に浸る瞬間があれば、もっと距離を縮めることが出来ます。

そこで今回は彼がずっとあなたのことを考えるきっかけになる行動を紹介します。

(1)「楽しかった」の一言

彼は事前にあなたを楽しませるために、色々と計画をしてくれたはずです。
そんな彼に対して今日は楽しかったと伝えると、彼が自分に自信をつけることも出来ますし、その一言を思い出すたび余韻に浸ることが出来ます。

素直に楽しかったという気持ちは伝えると、次の計画も完璧に立ててくれる可能性があがりますよ。

(2)「帰りたくない」と伝える

デートの後ってずっと一緒にいたくなるものですが、その気持ちを素直に伝えることも、彼のその日の満足度をアップさせることに繋がります。
直接言っているわけではありませんが、その日が楽しかったんだなと思わせることができ、また誘いたいという気持ちを高めることも出来ます。

楽しかったという言葉と一緒に使うとさらに効果的です。

(3)お礼のメッセージをおくる

一緒にいるときに気持ちを伝えることも大切ですが、帰った後の行動もとても大切です。
彼が家に着いた頃にその日のお礼と楽しかった気持ちをメッセージで入れることで、彼が家に帰ってからも引き続き余韻に浸れるきっかけを作ることが出来ます。

あなたのことを考える時間も増やしてくれるので、お礼は欠かさないのがおすすめです。

(4)デートの写真をおくる

メッセージと一緒にその人の写真を送ると、実際に一日の出来事を思い出すことが出来ます。
彼の「楽しかったなぁ」という気持ちをもう一度引き出すことも出来るので、積極的に写真を撮って彼に送りましょう。

帰宅後を見計らって送ると、一緒にいるときよりさらに余韻を引き出すきっかけとなってくれるので、タイミングには注意するとより効果的です。


デートをするだけでも二人の距離は確実に縮まっていますが、さらにデート後も余韻に浸ることで、その効果を帰宅後でも高めることが出来ます。
よりその日を幸せな日にするためにも、帰り際や帰ってからも手を抜かないようにするのがおすすめです。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。