男性だって、時には彼女に甘えて疲れをがっつり癒してもらいたいと思うものです。
やっぱりカップルならお互いに「甘え合えること」が大事ですし、イチャイチャタイムのときはお互いに甘えてラブラブになりたいですよね。

そこで今回は、彼が彼女に甘えたいと思うときについて解説していきたいと思います!

(1)疲れているとき

『疲れていると、子どもみたいに甘えて優しくされたいと思う』(27歳/旅行代理店)

疲れているときは、その疲れをたっぷり彼女に癒してもらいたいと思うもの。
かなり疲労困憊な状態だと、彼としては正直彼女を甘えさせてあげられる余裕もないものです。

だからこそ男性は、疲れているときにはいつになく積極的に彼女に甘えたいと思うもの。
まるで子どものようになって彼女に膝枕してほしいと甘えてきたりすることも、珍しくないでしょう。

(2)寂しさを感じているとき

『彼女とギュッとするだけで、自分が一人じゃないって思えて安心する』(26歳/公務員)

寂しさを感じているときに、彼女に甘えたくなる男性も多いですね。
なかなか会えなくて寂しかったときに彼女と話せれば、気持ちも一気に緩みますよね。

寂しさや不安で緊張状態だった心が落ち着き、甘えたい心理が解放される男性は多いでしょう。

(3)彼女から愛されてると実感したとき

『彼女が愛してくれてるとわかるから、思いっきり甘えられる』(28歳/自動車関連)

彼女が愛されていることを実感したときに、その幸せ感が影響して甘えたくなる男性も多いですね。
可愛い彼女が「いつもありがとう」と言って感謝を伝えてきてくれたとき、彼女が積極的にハグしてきたときなど……

そんな瞬間は彼も積極的に甘えたくなり、彼女とラブラブな時間をより楽しみたいと思うものです。

(4)眠いとき

『膝枕で寝るのって気持ちいいんだよね』(30歳/IT関連)

眠いときは誰でも無防備で、より本能的になりますし、つい無意識のうちに彼女に甘えたくなる男性は多いです。
子どもが母親に甘えるように、眠そうに目をこすりながら甘える……そんな可愛い姿を見せてくる人もたくさんいるでしょう。

寝起きや、これから寝るのにウトウトしているときなどは、そんな可愛い彼の姿を見ることができるかもしれませんね。


男性にだって甘えたい瞬間はたくさんあるものなので、たまにはそんな瞬間に彼を甘えさせてあげることも必要ですね。
ぜひそんなときは彼女として彼を優しさで包み込むことを意識して、ラブラブな時間を過ごしていきましょう!

(恋愛jp編集部)