女性を惚れさせることができるのは、外見がイケメンな人だけではありません。
言葉や行動次第で、女性にモテモテになることができるのです。

片思い中の女性と付き合いたい、交際中の彼女ともっとラブラブになりたいと言う方も必見です。
女性がときめき惚れ込んじゃう言動をご紹介いたします。

(1)些細なことを覚えている

『どんな些細なことでも覚えててもらえるのは嬉しい!』(27歳/営業)

意中の彼女と会話をしたら、内容はよく覚えておきましょう。
「そう言えば、これ好きだよね?」と以前話したことを引き合いに出すと、確実に好感度は高まります。

興味のある人のことは、些細なことでもよく覚えているもの。
「あなたに興味があります」というサインを感じ、女性も意識しだすでしょう。

(2)彼女の様子によく気がつく

『髪型を変えた時、すぐに気づいてもらえると嬉しくなる』(24歳/事務)

女性の様子をさりげなく観察するのも一つの手です。
顔色が優れない時は、すかさず「いつもより元気ないね。大丈夫?」と声をかけてみましょう。

また女性が髪型やメイクを変えた時も、いち早く気づき褒めることが大切です。
モテる男性は、女性の変化に敏感で、それを本人に伝えるのが上手なもの。

「変化なんて分からない!」と諦めずにいれば、次第に慣れて変化がすぐわかるようになります。

(3)肯定的で褒めることを欠かさない

『たくさん褒められると嬉しくなっちゃいますね』(25歳/保育士)

惚れさせたいなら、相手を褒めましょう。
自分に置き換えて考えてみてください。

一人の女の子に「かっこいいね!」と言われ続けているうちに、その子のことが気になってきませんか?
同じように女性も、「可愛い」を連発されると、その気になってしまうものです。

また日本人男性は褒めることが苦手な人が多いので、周りから一歩リードすることも出来ます。
あまり大げさに褒めると下心を感じさせるので、あくまでもさりげなく褒めてみましょう。

(4)「好き」を多用する

『私のことじゃなかったとしても、ちょっとドキッとしちゃいます』(25歳/飲食)

「好き」という言葉を使うだけで、女性をドキッとさせることができます。
ハードルが高いように感じますが、「あなたのことが好きです」とストレートに使うわけではありません。

「〇〇さんの、そういうところが好きだな」「君の考え方、好きだな」と、彼女の一部分を「好き」だと褒めるのです。

あえて「好き」という言葉で使うことで「その好きってどういう意味?」と言われた女性は考えます。
そうしてあなたのことを次第に「気になる存在」として意識するようになるのです。


女性を惚れさせるには、好意を曖昧に覗かせましょう。
あからさまな好意を見せると、引かれてしまうケースもあるからです。

「私のこと好きなの?どう思ってるの?」と、彼女があなたのことを気にする時間が長くなるように誘導するのです。
そうすればいつの間には彼女は、あなたに惚れ込んでいるでしょう。

(恋愛jp編集部)