「大好きな彼から守られたい♡」と思うのはどの女性も同じでしょう。
でも、彼から守ってもらうためにはただボーッとしているだけでは叶いません。

彼が守りたいと思う瞬間をつくりだしてしまいましょう!
今回は男性が「この子を守らなきゃ!」と思う瞬間を4つご紹介していきます。

(1)「好きだよ」と恥ずかしそうに伝えてくれたとき

『好きってストレートに伝えてくれると、自分もさらに好きなる』(26歳/広告営業)

「好きだよ」と恥ずかしそうに伝えてくれたとき彼は「あー!!かわいい!!」と抱きしめたくなります。
女性が男性に愛情表現をすると、男性はそのお返しと言わんばかりに「守ってあげるから!」と思います。

可愛く愛情表現してくれる女性を大切にしたいという思いからです。
表面的には打算抜きでこのように思いを伝えてくださいね。

(2)「安心する♡」と寄り添ってくれたとき

『女性に頼られるが一番男として嬉しいな』(28歳/飲料メーカー)

「安心する♡」と寄り添ってくれたとき、男性は愛しいなと思います。
「安心する」と彼女にずっと思っていてほしいという気持ちがあるのが男前な男性。

「大丈夫だよ、そばにいるよ」という雰囲気を醸し出してくれたら、あなたはもう守ってもらっているのと同じこと。
彼にたっぷりと寄り添ってしまいましょう。

(3)別れ際に寂しそうな表情をされたとき

『寂しそうにされると心がキュンとして、もうずっと一緒にいたいと思う』(27歳/SE)

別れ際に寂しそうな表情をされたとき、男性は「この子に悲しい思いをさせたくない」と思います。
大切な女性には、やはりいつでも幸せに笑顔でいてほしいというのが男心。

なので、彼は寂しそうな彼女を守ってあげたいと思うのです。
でも、このタイミングではなかなか守ってもらえないので、LINEのやり取りでラブラブしてくださいね。

(4)失敗をして落ち込んでいるとき

『彼女を守ってあげられるのは自分だけ!と張り切っちゃうかな』(29歳/アパレル)

大好きな彼女がなにか失敗をして落ち込んでいるとき、男性は「なんとかして助けてあげたい」と思います。
特に、なにかに一生懸命に打ち込んでいる場合、彼はそれを応援しています。

なので、失敗してしまったとき、密かに手を差し伸べてくれるのです。
あなたもなにかに一生懸命なときは、それを彼に常に伝えてみてくださいね。


彼が「守りたい」と思える女性にはなれそうですか?
無理にやる必要はありませんが、試す価値はあるかもしれません。

彼なバレ内容にコッソリと計画してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)