普段はポーカーフェイス気味な彼氏も、彼女の前ではいろいろと甘々な言葉を言ってくれるものです。
やっぱり彼と一緒にいるときはラブラブ感たっぷりでいたいですし、そんな特別な言葉はたくさんもらいたいですよね。

そこで今回は、彼女を溺愛している彼氏がする言動について解説していきたいと思います!

(1)「可愛い」と頻繁に言ってくれる

彼女を溺愛している彼氏は、とにかく彼女のことをベタ褒めしてきます。
特に「可愛い」の言葉を送ることはめちゃくちゃ頻繁で、なにかにつけて「可愛いね」とデレデレしながら言ってきます。

それはもちろん、彼にとって彼女がとにかく可愛すぎるからなんです。
可愛すぎて可愛すぎてずっと一緒にいたい……そんな想いがあふれているからこそ、ついつい頻繁に褒め言葉を送ってしまうんです。

(2)「好き」の言葉をたくさんくれる

「好き」「愛してる」などの愛の言葉ももちろん多いでしょう。
普段から愛情表現してくれることは多く、中でも「好き」とはっきり伝えてくれることは彼の中で欠かさないものです。

普段の会話の中、電話やLINEのやりとりの中など、あらゆる瞬間に「○○、好きだよ」としっかり伝えてくれます。

(3)些細なことまで気遣ってくれる

彼女を溺愛している彼氏にとって、彼女のことはとにかく心配で、気がかりなもの。
まるで過保護な親のように「大丈夫?体壊してない?」と、些細なことまで気遣ってくれることは多いものです。

彼がちょっと過保護気味で……と悩んでいる人もいるかもしれませんが、それはやっぱり愛されている証拠に他ありません。

(4)話を聞こうとしてくれる

彼女を溺愛している彼氏は、自分のしたい話をひたすら彼女に聞かせるばかりではありません。
普段から彼女が思っていること、実は悩みに感じていることなどにしっかり寄り添おうとすることも欠かさないのです。

そのため積極的に話を聞いてくれることも多く、時には悩みに対して頼れるアドバイスをくれることもあります。


彼氏に溺愛されることは、やっぱり誰にとっても理想的なことですよね。
ぜひ普段の彼の言動をチェックして、自分の溺愛度を確かめてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)