「彼からのキスが欲しい」と願う女性は、キスをおねだりしてみてはいかがでしょうか?
おねだりすることで得られるのは、キスだけではありません。

「可愛いなぁ」と彼に感じさせ、愛情をさらにアップすることも出来るのです。
今回は「可愛くキスのおねだり」をする方法をご紹介いたします。

(1)目をつむって彼に顔を近づける

『明らかに顔でキスしたいっ言ってる感じが可愛い』(27歳/広報)

いわゆる「キス顔」を作る方法です。
よっぽど鈍感な男性でない限り、「キスして欲しいのかな」と勘付いてくれるでしょう。

彼との身長差がある女性は、ちょっと背伸びする仕草を付け加えると、なお可愛さが増します。
いい雰囲気になったタイミングで試してみるのがベストです。

(2)上目遣いで唇を尖らせる

『上目遣いでアピールされたら、自分もキスしたい気持ちになる』(26歳/人事)

上目遣いで彼をじっと見つめるのも良いでしょう。
その際に、唇を少しだけ尖らせると効果的です。

上目遣いの可愛さと、ぷるんとした唇に「キスしたい」と彼が感じてくれるはず。

(3)照れながら「チューして」と伝える

『可愛すぎて、「えっ?」と何回も聞き返してしまうかも』(28歳/IT関連)

仕草だけでは伝わらない場合、思い切って言葉でおねだりしてみましょう。
「キスして」は直接的なので、「チューして」とお願いしてみるのです。

男性目線では「キスって言うのに照れてるのかな、可愛い」とそそられることでしょう。

(4)「キスしたい?」と誘惑してみる

『いきなり上からこられるのとか変化球で興奮しちゃうな』(29歳/営業)

自分から「キスしたい」と言うのが恥ずかしい女性は、あえて男性に聞いてみるのも手です。
「キスしたい?」と聞いて、「しょうがないなぁ」と言いつつキス顔で待ちましょう。

ちょっとしたツンデレ感が可愛い、と悶絶する男性もいるおねだり方法です。


「キスのおねだりなんてしたことがない」というピュアな女性も、可愛くおねだりできる方法をご紹介いたしました。

キスするときのスパイスとして、ぜひ使ってみてくださいね。
キスの時間をさらに甘いものにすることが出来ますよ。

(恋愛jp編集部)