ライトなキスからどんどん激しくなってディープキスに♡
大好きな人とのディープキスは最高に幸せですよね。

今回は男性がハマるディープキスのテクニックについてお伝えします。

(1)力を入れないで

『キスしてる時に力が入っちゃってると固くて気持ちよくない』(29歳/公務員)

大好きな人の口の中に自分の舌を入れるのです。
最初は緊張して力が入っちゃって当然。

少しずつ慣れていきましょうね。
力を抜くことを意識して、相手の舌をゆっくりと感じます。

きっとあなた自身も気持ちよくなっていくことでしょう。

(2)リラックスした状態でキスを

『お互いリラックスした状態でキスできると気持ちいいよね』(30歳/営業)

ディープキスは緊張しているとすぐに相手に伝わってしまいます。
せっかくリラックスしていたのに、あなたが緊張していると分かった途端相手も緊張し始める。

これでは気持ちいいディープキスはできません。
尖った舌よりも柔らかい舌のほうが気持ちいいし感じます。

緊張せずに、お互いにリラックスしてディープキスしてくださいね。

(3)時間をかけてディープキスの雰囲気に

『ゆっくり時間かけてディープキスに変わっていくとドキドキする』(28歳/SE)

ディープキスをするにはその段階まで気持ちをもっていかなければなりません。
だからボディタッチや優しい言葉かけなどで彼をトロトロにしていきましょう。

きっと彼も同じように愛の言葉をささやいてくれるなどして気持ちを盛り上げてくれます。
そうしてやっとディープキスの準備が整うのです。

抵抗感もなくスッと彼のディープキスを受け入れられ、甘い声も漏れるかもしれません。
そのままエッチに突入!なんてことも♡

(4)あとは思いっきり相手の舌を感じる

『キスの時に気持ちよさそうにしてる彼女が可愛い』(29歳/マーケティング)

ディープキスをしたときは、思いっきり相手の舌を感じてみましょう。
相手の舌のザラザラした様子を舌で感じたり、歯茎や舌の裏などをチロチロなめてみたり。

どんどん相手のことが愛しくなっていきますね。
彼もあなたとのディープキスにゾクゾクが止まらなくなってしまうかもしれません。

大好きな彼といっぱい気持ちよくなりましょう。


ディープキスは緊張しないでリラックスして行いましょう。
緊張は相手に伝わりやすく、相手までも緊張させてしまうことになりますから。

ディープキスの雰囲気まで気持ちを盛り上げたら、トロトロにとろけちゃうディープキスをしちゃってください♡

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条