あなたは男性と同棲したことはありますか?まだの方も、経験済みの方も、大好きな彼との同棲は心躍りますね。

しかし重要なのは、同棲を長続きさせること。
同棲は結婚の予行練習みたいなものですから、ここをクリアできなければ、2人に未来はないかもしれません。

今回は彼との「同棲を成功させる」4つのコツを見ていきましょう。

(1)お互いに結婚を意識する

『別に同棲したからって結婚までは考えてない』(28歳/企画)

まず同棲を始める前に、お互いの同棲する目的をしっかり持っておきましょう。
自分は結婚前提に同棲するのに、彼はなにも考えず同棲を進めてしまったというパターンは良くありません。

いざ数年たち、彼女がそろそろ結婚したいと思った時に、まだ結婚の意思のない彼が彼女をふるという最悪の事態になりかねません。

お互いの同棲に対する意思確認は重要です。

(2)負担が同じくらいになるようにする

『彼女に家事を任せきりにしてたら怒られた……』(27歳/IT)

家事は昔は女性が家にいる時間が長かったので、女性のものという意識がありました。

しかし今の時代それでは生活がなりたちません。
自分が働いているのに、家事も女性の担当では、不満がつのり関係が壊れてしまうのも時間の問題。

金銭的な負担もそうですが、負担はお互い半々になるように相談しましょう。
どちらかがムリをする関係など、続かないのですから。

(3)前向きに考える

『トラブルがあったとき、前向きに頑張ろうとしてくれる彼女に支えられました』(29歳/建築)

一緒に暮らしていると、本当にさまざまな問題が起こります。
そんなとき彼を支えるのはあなたです。

いつでも前向きな気持ちを持ち、困難も笑顔で乗り切ってくれたら、彼は一生あなたをそばに置いておきたいと思います。

同棲を成功させるには、常に笑顔でいる強さも必要です。
彼の背中を押してあげるくらいの気持ちで、しっかり人生楽しみましょう。

(4)親に了解を取ってから同棲する

『同棲前にきちんと両方の親に挨拶しないと後々大変だよね』(27歳/公務員)

これは意外と忘れがちですが、とても重要なことです。
お互いのご両親にきちんと挨拶をしてから、同棲をはじめてください。

同棲はゆくゆくは結婚というパターンが多くあります。
いざその時になって「挨拶にもきていない男のところに嫁にいかせるか!」と親が怒り、問題がこじれることがありますよ。

いい家庭を築きたいなら、周りに歓迎されて暮らしたいですよね。


結婚の予行演習となっている同棲は、いまだ反対派と賛成派にわかれます。

それぞれにメリットがあり、デメリットがあるのですが、やはり暮らしぶりを知っていられるのは結婚した時の生活が想像できるので、2人にとってメリットです。

ぜひ楽しい同棲生活を満喫してください。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条