2019年に幸せな恋をした人もしなかった人も、2020年の恋に期待しているはず。
でも、ちょっと残念な星座も。
2020年、彼とお別れしてしまうかもしれない星座を、そっとお伝えします。
また、別れがあってもなくても、ポジティブに前進できる方法を伝授します!

第6位:射手座

2020年の射手座は、普段のあなたらしくなく、自分に自信がなくなってしまいます。
恋に積極的、情熱的な本来のあなた。
でも2020年は、自分自身のことが分からなくなりがち。
特に12月中旬以降生まれの射手座は、要注意!
また、恋に対して妄想が膨らむ時でも。
理想主義のあなたなので、相手に自分の理想を押し付けて見てしまい、後で幻滅してしまうということも。
理想と現実の相手をしっかり区別して見ることが大切です!
11月生まれの射手座は、突然の変化が彼との関係に起きるかも。
彼と遠距離になったり、仕事が忙しくて会える時間が急になくなったり。
ライバルが現れたり、二人の関係を邪魔するものが出てくるかも。
この障害は一時的なものですが、ここでくじけてしまうと、本当のお別れになるかも。
会えない日々に、彼との絆を強くする努力がとても大切です。

第5位:双子座

2020年の双子座は、彼への愛情がよく分からなくなってしまう年。
勘の鋭い双子座ですが、今は想像力が悪い形に働き、彼の行動を詮索してしまいがち。
6月中旬以降生まれの双子座が、特にこの傾向が強くなります。
心が敏感になって、彼を好きな気持ちに自信が持てません。
それは彼にも伝わって、二人の関係がギクシャクしたものに。
彼は、あなたが彼に興味を失ったのかと勘違いするかも。
つきあいが長いカップルほど、試練のとき。
新鮮味がなくなった相手を本当に好きなのか、お互いが疑問を持ち出すかも。
一緒にいて楽しいだけでなく、その人を心から好きかどうか振り返る必要が。
心が落ち着かず、現実を見つめにくい時期なので、要注意!
気がついたら、二人の関係が自然消滅していたということも。
彼とお別れしたくないなら、コミュニケーションをしっかりとりましょう。

第4位:水瓶座

2020年の水瓶座は、ちょっとした変化を経験します。
もともと変化が好きで、軽やかな水瓶座なので、うまく対処できるかも。
1月生まれの水瓶座にとって、マンネリ化した恋の関係は、2020年を超えることができません
いつも自分自身を脱皮させたい水瓶座なので、新しい関係を求めていきます。
ただし、好きな人には執着もある水瓶座。
いざ相手から別れを告げられると、納得できずにモンモンとすることも。
3月後半~6月には、そんな未練にもきっぱり答えを出せるはず。
どこか頭で恋をしてしまう水瓶座。
理性で納得できれば、すぐに切り替えられるのが水瓶座の良いところ。
彼との別れなど変化を迎えた水瓶座を、近くでそっと見つめている人もいるはず。
友達だと思っていた人が、そんなあなたを優しく癒してくれるかも。


2020年、あなたは彼とお別れしそうでしょうか?
マンネリぎみの人も、普段ケンカばかりの人も、2020年の恋の女神が守ってくれれば大丈夫。
そうでない人は、残念ながらお別れの兆しも。
別れは成長!素敵な女性に生まれ変わる未来を信じて!
星座別恋愛トラブル回避法をチェック!

(恋愛jp編集部)