喧嘩をしたときに相手にどう謝るかは、関係を良く保つうえでとても重要なポイントになってきます。

できれば意地を張っていつまでも謝らない彼女でいるより、素直に謝ることのできる彼女でいたいですよね。

意地を張っていては仲直りのタイミングを失ってしまいますし、お互いにとってマイナスでしかありません。

そこで今回は、カレが急に優しくなる「喧嘩の謝り方」について解説していきたいと思います!

(1)目を潤ませながら素直に謝る

『うるうるした目で謝られたら、もう許しちゃうよね』(29歳/販売)

やっぱり喧嘩をしたときは、素直に謝って非を認めることが大切です。
そこでいつまでも「私が悪くないし……」なんて姿勢でいては、彼もますますイライラするだけです。

その際に目を潤ませて、しゅんとした様子で謝ってくれば、彼も強くは出れないでしょう。
とにかく本当に反省している姿勢を見せることが、大事なポイントになってきます。

(2)決して反論・否定しない

『言い訳がましい子って嫌だな』(27歳/IT)

自分に原因があり、喧嘩になったのなら、基本的に話をするときは決して反論したり否定したりしないこと。

「でもそれは……」「だって……」と言い訳がましいことを並べていても仕方がありません。
それよりも彼の意見を認めて、冷静に話を聞く姿勢を見せることが大事です。

(3)彼が悪くても自分から謝る

『喧嘩しても彼女の方から謝ってくれるのはとても助かる』(28歳/不動産)

彼が悪かったとしても、基本的には自分から謝る姿勢を見せた方が、後々のトラブルは防げるものです。
まさに「損して得取れ」精神ですね。

自分から謝るのは癪……と思う人もいるかもしれませんが、そんな心の広さを見せることで、彼も最終的にはとても優しくなってくれます。

(4)一旦その場を離れて……

『感情的になってる時に話し合っても解決しないよね』(31歳/営業)

喧嘩して感情的になったときは、一旦その場を離れてクールダウンするのが一番です。
自販機でジュースや缶コーヒーを買うなどして、気持ちを落ちつけてから戻りましょう。

そして買ってきたジュースを渡して仲直りのきっかけ作りをすれば、お互い穏やかに話ができるはずです。


仲直りの方法って、意外と難しいですし、つい意地を張ってしまう女性も多いですよね。

ですが喧嘩したときこそ冷静さ・素直さを保つことはとても大事なことなので、ぜひ以上のような謝り方を意識してみましょう!

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条