彼女をとにかく溺愛している男性は、普段からその溺愛ぶりがわかるくらいデレデレした発言が多いもの。
自分が彼にどれくらい愛されているのかチェックしたいときは、そんな彼の言動をよく確かめてみましょう。

そこで今回は、彼女を溺愛している男性の言動について解説していきたいと思います!

(1)体調を心配してくれる

『彼女が体を壊していないかすぐ心配になる』(26歳/広告)

彼女を溺愛している男性にとって、大好きな彼女のことは常に気がかりなもの。
体を壊したりしていないか心配で仕方がないため、日頃からしつこいくらい「大丈夫?」と聞いてくれます。

それも彼が本気で彼女のことを溺愛しているからで、とにかく四六時中心配で仕方がないからなんですね。

(2)すぐに嫉妬する

『他の男の話が出るとすごい嫉妬しちゃいます』(28歳/建築)

彼女を溺愛している男性は、基本的にすぐに嫉妬をします。
他の男性の話が少しでも出ようものなら、「そいつ誰?」なんて聞いてくることもしばしば。

飲み会に行けば「男いるの?」と聞いてきて、嫉妬心をあらわにすることも珍しくありません。

(3)とにかく「可愛い」と言いまくる

『彼女が可愛すぎてたまりません!』(29歳/SE)

彼女を溺愛している彼氏は、いつも彼女にメロメロなので、常に可愛い可愛い繰り返し言ってきます。
どんな行動を取っていても可愛いと言ってきてくれて、まさにデレデレ……といったところ。

男性からしてみれば、大好きな彼女はとにかく何をしていても可愛く見えてきてしまうものなんですね。
まさに「彼氏フィルター」がかかって、他のどの女性よりも魅力的に見えるのでしょう。

(4)甘えてくる

『彼女のことが大好きすぎて、2人きりになるとつい甘えちゃいます』(27歳/営業)

彼女を溺愛している男性は、彼女の前ではかなり甘えん坊になることも多いです。
急に赤ちゃん言葉を使ってくっついてきたり、弱気になって悩みを話して来てくれることも多いもの。

彼女を溺愛しているからこそ気を許していて、弱い自分のことも受け入れてほしい……という彼の心理の表れでしょう。


彼女を溺愛している男性は、いつだって彼女にはメロメロで、他の女性なんて一切見えていません。
だからこそその様子がうかがえる発言も多いもの。

ぜひ彼のそんな言動をチェックして、自分の愛され度はどれくらいなのか探ってみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条