男性にとって「彼女が欲しい」と思う瞬間は、意外とさまざまなタイミングで訪れるもの。
ふいに彼女が欲しくなった……そんなタイミングで気になる彼に告白できれば、恋愛成就の可能性も上がるものです。

そこで今回は、男性がふいに「彼女が欲しい」と思う瞬間についてご紹介していきます!

(1)一人で寂しいとき

『一人でいるの寂しいなぁって思うと、彼女が欲しくなる』(27歳/営業)

寂しいときに「彼女が欲しい……」と思う男性はやっぱり多いですね。
不安や寂しさ、疲れなどのマイナスな感情を抱くときは、より孤独を感じやすいもの。

「こんなとき彼女がいたら安心するのになぁ」と切実に感じる男性はたくさんいるはずです。

(2)イベントが近づいてきたとき

『クリスマス前になると無性に彼女がほしくなりますね』(29歳/不動産)

意外とよくあるのは、イベント事が近づいてきたタイミング。
クリスマス前、大晦日前、バレンタイン前、自分の誕生日前など……

そんなイベント事を前にして、「彼女がいないからぼっちかぁ」と思い肩を落とす男性は多いもの。
だからこそイベント前を狙って告白すると、OKの返事をもらいやすいと言われているんですね。

(3)友達カップルと話したとき

『友達カップルが幸せそうなのをみると、彼女ほしいなぁって思う』(26歳/営業)

友達カップルと会話したことで、羨ましさや憧れを感じて、彼女が欲しくなる男性も多いですね。
その他、友達から彼女のノロケ話を聞かされたときなども同じでしょう。

羨ましくなるのと同時に焦りの心理なども高まり、「彼女作らなきゃ!」と思い立つ男性は多いといいます。

(4)ラブストーリーに触れたとき

『恋愛ドラマを見た後とか、彼女ほしくなる。単純ですかね(笑)』(29歳/SE)

恋愛ドラマや映画、漫画などのラブストーリーに触れたことで、彼女が欲しくなる男性も意外とたくさんいます。
たしかに男性は女性よりそこまでラブストーリーを好まない傾向はありますが、それでも流行りのドラマなどは見る人も多いでしょう。

ドラマで幸せそうなカップルの様子を見ればより一層寂しさを感じますし、羨ましい気持ちも高まるものです。


男性にとって彼女が欲しいと思うタイミングは、イベント前や寂しくなったときなどさまざまです。
ただやはり傾向としては、以上のような瞬間を狙ってアプローチをすれば、意中の人に振り向いてもらえる可能性は高いはずです!

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条