強くてたくましい、頼れる男子が好きだという女性は多いですが、近年では草食系男子が増加中です。
恋愛になかなか積極的になれず、自分からは行動を起こすことができない奥手男子とも言えるでしょう。
もしも好きになった相手が奥手男子だった場合には、どのような脈ありサインを出すのかを、しっかりと把握しておきたいところです。

(1)目があってもすぐにそらしてしまう

気になる男子と目が合うと嬉しくなりますが、そこですぐに目をそらされてしまえば悲しくなります。
しかしこれは奥手男子の脈ありサインの一つと言えます。
奥手男子は恋愛に積極的になれず、好きな人がいて話したくても自分からは声をかけられません。

気になるのでずっと目で追いがちになりますが、たとえ目が合っても嬉しい半面、どうして良いかわからずに目をそらしてしまうのです。

(2)メールやLINEのやり取りが増えた

奥手男子の特徴として、目を見て直接話すと緊張して上手く話すことが出来ない点が挙げられます。
しかしこのような奥手男子でも、メールやLINEであれば積極的に話せるようになります。

目の前にいるとあまり話さないけれども、メールやLINEのやり取りが増えてきたのであれば、それは脈ありサインの一つと言えるでしょう。

(3)プライベートな話題を持ちかける

奥手男子は恥ずかしがりやでなかなか上手く話すことができない人が多いですが、これは警戒心が強いことの表れとも言えます。
そのため周りの人に対して自分のプライベートなことはあまり話しません。

しかし好きな人に対しては自分のことを知って欲しいという思いが強くなるので、プライベートな話題を持ちかけてくる事でしょう。

(4)二人きりになると無口になってしまう

グループ行動をしている時には何かと話す機会があるけれども、二人きりになると無言になる事があるかもしれません。
このような態度が見られると、自分が嫌われているのではないかと思うこともあるでしょう。

しかし奥手男子は好きな相手と二人きりになると、途端に緊張して喋れなくなる特徴があります。
よそよそしい態度が見られるかもしれませんが、それも脈ありサインの一つだととらえておきましょう。


このように奥手男子が発する脈ありサインが多数あることが分かります。
一見すると自分は嫌われているのではないかと思うようなサインもありますが、じっくりと関わることで、それが緊張や恥ずかしさから来るものであると分かるでしょう。

分かりにくい部分もありますが、奥手男子の生態と共に観察してみましょう。

(恋愛jp編集部)