トップスやボトムスの形を合わせるだけなら上手く出来るけど、色を組み合わせるのはニガテ、という方は意外と多いようです。
キレイなカラーのアイテムを見つけても、着回ししやすいベーシックなカラーにしておこうと手に取るのを止めてしまう、なんて「あるある」に心当たりはありませんか?

この記事では、そんなカラーコーデ初心者の方にも使いやすいカラーと、その着こなし術について解説していきたいと思います。

(1)くすみピンクで失敗しらず!

『くすみピンクのトップスは女性らしくて可愛いと思う』(25歳/企画)

カラーコーデに挑戦する上で、女性らしいイメージのあるピンクを着てみたい!という方も多いかと思います。
しかし、ビビットなピンクは他のアイテムと合わせにくく、かといって薄いピンクを選ぶと「うすだいだい色」っぽく見えて地味に感じてしまうことも。

そんな方にオススメしたいのが「くすみピンク」です。
グレーっぽくくすんだピンクなら色合いも落ち着いているので、ピンクだけど大人っぽく着こなすことができますよ。

(2)ブルーは爽やかコーデにピッタリ!

『ブルーのアイテムが入ると一気に爽やかになる』(28歳/公務員)

ブルーは去年に引き続き2020年も注目のカラーですが、このブルーの使い方で気を付けたいのが、トップスとボトムスで色使いを工夫する必要があることです。
ブルーをコーディネートに取り入れる際は、トップスには水色などの淡いブルーを、ボトムスにはコバルトブルーなどの濃いブルーを活用するようにしましょう。

特に、トップスに濃いブルーを持ってきてしまうと顔色が悪く見えてしまうため、トーンの明るいブルーをチョイスするよう気を付けてくださいね。

(3)ボルドーでモード感を演出

『色っぽくて大人な印象を感じる』(30歳/広告)

大人っぽいカラーでコーデをしたい方には、深みのあるボルドーがオススメです。
ボルドーというと秋冬といった寒い季節の色合いなイメージがありますが、春夏でもノースリーブや台形ミニスカートなどにボルドーを取り入れることで、コーデに色っぽさを加えることが出来ちゃいます。

黒や白のシンプルなアイテムに合わせて、ボルドーが差し色になるようにコーデするのがポイントです。

(4)グリーンはバランスが大切

『グリーンをうまくコーデに取り入れている子はオシャレだなと思う』(29歳/営業)

知的な印象のあるグリーンは、濃い色や暗い色を選んでしまうとカーキ色との変化が無くなってしまい、地味に見えることがあります。
一方で彩度が高いと、他のアイテムとの組み合わせが難しくなってしまいがちです。

コーデにグリーンを取り入れる際は、黄緑や薄い緑はトップスに、パキッとした派手グリーンはワンピースなどで取り入れて、グリーンを主役にすることを考えてみましょう。


春が近づくと、キレイめカラーを使ったコーディネートがしたくなりますよね。
この記事では、初心者の方にも使いやすいカラーと、その取り入れ方について解説しましたが、いかがでしたか?

コーデに華やかさをプラスして、オシャレ上級者を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)