面倒LINEが多い人は、残念ながら気になる男性や彼氏にも「うっとうしい」と思われがちです。
普段からLINEをよく使う人、スマホに依存しがちな人は、そういった面倒LINEも多くなりがちなので要注意。

そこで今回は、男性が返信に困る「面倒LINE」について解説していきたいと思います!

(1)日記系LINE

『今日の出来事をつらつらと送られてくると反応に困るし、何通も来ると面倒なので通知をオフにするね(笑)』(28歳/公務員)

よくあるのは、SNSのように自分のやったことを報告してくる日記系LINE。
「〇〇行ってきた」「〇〇美味しかった」といったメッセージばかりもらっても、彼は返信に困るだけです。

正直「だから何なの?」と言いたくなる男性は多いので、日記系LINEは送れば送るほど嫌われる原因を作ってしまいます。

(2)変なスタンプだけ送られてくる

『意味のないスタンプだけを送られてくると何がしたいのか分からず既読スルーすることが多いかな』(31歳/コンサル)

変なスタンプだけ送るような意味なしLINEにも要注意。
面白系スタンプを使って彼の気を引きたい気持ちはわかりますが、正直逆効果になることは多いです。

「察して」的に構ってアピールをしてくるのが男性的にうっとうしがられるポイントになります。

(3)すぐに返信を催促してくる

『あまり時間が経っていないのに返信を催促されると面倒だなと感じるね』(29歳/通信)

催促LINEを送るときは、基本的にある程度時間が経ってからです。
すぐに催促LINEを送ってこられて、正直ウザい……と感じる男性は多いもの。

彼にもいろいろと都合はありますし、既読していたとしても返信できるとは限りませんよね。
そんな配慮の欠けた催促LINEばかり送っていると、印象はどんどんマイナスになっていってしまいます。

(4)長文LINE

『長文だと読むのも大変だし、返信するのも時間がかかるので返信を先延ばしにしてしまいがちだな』(33歳/証券)

長文LINEの印象もあまり良くないので、ついメッセージがいつも長くなってしまう人も気をつけましょう。
短文LINEと比べて長文LINEは読むのが大変なので、その分返信するのもしんどく感じられがちです。

やり取りも長続きしづらいため、気になる男性や彼氏とやり取りするときは、短文LINEを中心に送り合っていきましょう。


日記系LINEや長文LINEなど、相手の男性にとってうっとうしいと感じられがちなLINEには注意したいところ。
せっかくLINEする機会を持てても、それが嫌われるきっかけになってしまうかもしれません……。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条