女性に比べて男性はLINEが雑だったり、嫌がる人が多いですよね。
男性はなぜ女性とのLINEを嫌がってしまうのか?
今回は、男性がやり取りする中で「LINEに苦手意識」を持つ4つの原因をご紹介していきます。

(1)既読機能にこだわる

『既読スルーすると催促されるし、既読しないとそれはそれで文句を言われるしとにかく既読機能が煩わしい』(28歳/金融)

LINEといえば「既読機能」が他のツールとの違い。
相手が読んだかどうか分かると、安心する反面、返事が来ないことを気にしてしまいます。

既読スルーしている時に催促され、追い打ちをかけられると、「もう返信したくない」と思うように。
メールと同じような感覚で、既読については触れないでほしいのです。

(2)アイコンがキメすぎ

『アイコンが決め顔の自撮りや加工だらけの写真だと違和感をおぼえるし、接し方に戸惑う』(31歳/SE)

LINEするうえで、プロフィール画像のアイコンは相手に与える印象を大きく左右します。
アイコンがキメすぎだと、「接しにくそう」と感じる原因に。

特に男性に嫌煙されるのは、加工しまくりの写真やプリクラです。
自然体とは程遠い姿に違和感を覚えて、LINEのやり取りすら身構えてしまうでしょう。
また、笑っていないキメ顔も、接しにくいと感じるようです。

(3)スタンプのテンションが高い

『スタンプのチョイスにこちらとの温度差を感じると「噛み合わないな」と思う』(27歳/通信)

面白くて明るいスタンプがたくさん流通していますが、使う相手を選ぶ必要があります。
場を盛り上げるために使ったスタンプのテンションが高すぎると、男性の心情とギャップが生じてしまうのです。

不用意にスタンプを多用すると、温度差が深刻なものに。
相手の様子に気を配りながら、会話を円滑にする目的で使いましょう。

(4)連続や長文

『短文を何通も送って来られると通知がウザいし、いちいち短文で区切る意味が分からない』(32歳/公務員)

LINEする時、メッセージを小出しに連続で送ったりしませんか?
また、気持ちを伝えようとして、ついつい長文になることもありませんか?

LINEが得意ではない男性にとって、どちらも返信したくないと思う要因です。
反応が悪いと思ったら、1つの話題をほどほどの長さで送りましょう。


男性からの返信が途絶えたり、遅いのには、送っているLINEそのものに原因があることも多いです。
返信しない相手を責めてしまう前に、男性目線で返しやすい内容か、今一度振り返ってみましょう。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条