「LINEを使って気になる人との距離を縮めたい!」「LINEで恋愛を進めたい!」

そう思う女性に向けて、LINEで気になる彼と距離を縮める方法4つを解説していきます。
二人の恋を進展させるきっかけにしましょう。

(1)スタンプは効果的な時だけ

『スタンプは時々送られてくるくらいがちょうどいいかな』(27歳/IT)

スタンプを使いすぎると、くどいイメージになって、マンネリに繋がってしまいます。
そのため、スタンプは効果的な時だけ、ここぞと使うようにしましょう。

例えば、会話が盛り上がって「とても嬉しい気持ち」を伝えたい時。
彼が愛想良く振る舞ってくれて、「ドキドキした」時など、印象に残る場面の演出にスタンプは効果的です。

(2)プロフィール画像変えてドキッとさせる

『やり取りの最中にプロフィール画像が変わると話題にできるし、写真が可愛いと何度も見ちゃう』(32歳/不動産)

LINEでやり取りを続けている最中、相手のプロフィール画像が変わると気になって見てしまうもの。
何度もコロコロと変えるとNGなので、ある程度仲が深まったタイミングで、1回コロッと変えるようにしましょう。

変更後の写真は、自分の笑顔が映ったものがベスト。ルックスに自信がない時は、可愛い小動物などにしましょう。
男性の印象に深く刻まれるはずです。

(3)相手の名前をメッセージに入れる

『やり取りしている時に名前を呼ばれると嬉しいね』(29歳/金融)

人は自分の名前を呼ばれると好きになる心理があります。
そのため、LINEの本文には、相手の名前を入れるようにしましょう。

何度も呼ばれているうちに、二人の仲は縮まっていくように。
相手も自分の名前を呼んでくれたら、好印象を抱いてくれているサインです。

(4)「ひとこと」や「タイムライン」も重要

『「ひとこと」や「タイムライン」で自分も共感できるようなことが書かれていると個別でLINEを送っちゃうときもあるね』(25歳/営業)

「ひとこと」や「タイムライン」をコミュニケーションを取るうえで大切です。
たまに更新したり、逆に彼が更新した時には「いいね」をつけましょう。

「ひとこと」は、彼が分かる共通の気持ちや経験を書くと、男性がドキッとする可能性が高まります。


「距離を縮める」と簡単にいっても、曖昧だからこそ難しいですよね。
今回は会話のテクニック以外でのコツもご紹介したので、駆け引きが苦手な人も活用してみてください。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条