男性に「キスしたい」と思って貰えると、自分が求められている実感を得られて、とても嬉しいですよね。
男性はどんな時に「キスしたい」と思ってくれるのでしょうか?

今回は、男性が不意に「キスしたくなる瞬間」を4つご紹介していきます。

(1)無防備な女性の姿を見た時

『寝顔みるとキスしたくなりますね』(26歳/輸入)

男性からアタックしてもらうためには、程よい「隙」がポイントになってきます。
ストローで吸う唇が色っぽかったり、不意に見た横顔が魅力的だったり、寝顔が可愛かったり……

ふとしたタイミングに男性は「キスしたい」と思うのです。

(2)酔っぱらった姿が可愛い時

『ほろ酔い姿の彼女って可愛いのでキスしちゃう』(29歳/インテリア)

お酒が入ると理性が薄れ、愛情や性欲が前面に出てきます。
中でも「キスしたい」という衝動が湧き上がるのは、女性の酔っぱらった姿が可愛い時です。

ほんのり赤くなった頬、トロンとした目、鈍くなった動作。
どれも魅力的で、愛情が爆発した結果、「キスしたい」となるのです。

(3)2人きりの空間になった時

『ふと会話がなくなったりしたら見つめて雰囲気でちゃうし』(25歳/不動産)

エレベーターの中、車の中、カラオケ、居酒屋の個室など、2人きりの空間になるタイミングがあります。
2人きりになると、何ともいえない緊張感から沈黙が生まれますよね。

この時、男性は「今ならキスできるんじゃないか」と淡い期待を寄せていることが少なくありません。

(4)目が合って逸らさなかった時

『目を逸らさず見てるってことは……』(30歳/企画)

ふと目が合った時、お互いが目で追っていることに気付き、ドキッとしますよね。
そのまま目を逸らしてしまうとキスには繋がりません。

目が合っても「逸らさず見つめる」ようにしましょう。
特別な雰囲気が生まれて、ムードたっぷりの展開に。

そのまま、顔を近づければ、自然とキスする流れが出来上がります。


男性が「キスしたい」と思う瞬間は、無意識でできたシチュエーションであることがほとんど。
無理にキスしようとすると逆に逃げてしまうので、女性からスムーズに誘導することがポイントになります。

「キスできる環境」と「キスしたくなる雰囲気」を作って、自発的に行動させましょう。

(恋愛jp編集部)