恋愛するうえで、LINEを使ったコミュニケーションは必須です。

ところが、NGなLINEばかり送れば、恋愛が成就するどころか男性が離れる原因に。
今回は、男性が離れていく「モテないLINE」を4つご紹介していきます。

(1)常識がない時間帯

『やっと眠る態勢になったときのLINEの通知音ってイラっとするよね』(26歳/アパレル)

深夜や早朝のLINEで目が覚めれば、「非常識だな」と感じて嫌がられます。
また、「深夜だけどこの人の生活習慣大丈夫?」と、不健康なイメージにも繋がるでしょう。

LINEのやり取りは、お互いの生活に影響が出ない時間帯が基本。
盛り上がって夜更かしするくらいなら、早寝早起きをして、爽やかに「おはよう、今日も頑張ろうね!」とLINEした方が好印象です。

(2)日記みたいな内容

『へーそうなんだぁくらいしか感想がでてこない……』(29歳/建築)

LINEを重ねると話題に尽きてしまうことがあります。
その結果、自分の日常を綴った日記のような内容になると、男性はかなり引いてしまうように。

自分の話ばかりになると相手の時間を奪うだけなので、男性に質問したり、男性が関心のある話題を深堀して、ちゃんとお互いが楽しめるLINEにしましょう。

(3)スタンプだけで返事

『もう言葉すら放棄してくるスタイルムカつくよね(笑)』(26歳/美容師)

メッセージつきのスタンプで使い勝手のいいものを入手すると、ついついスタンプでやり取りを済ませてしまいがち。
ところが、スタンプだけの返事は「ウザい」と思われる可能性が高いです。

どんなに愛想が良いスタンプでも、メッセージがないと感情が伴わない印象を受けます。
会話を終了させるつもりの時以外は、メッセージをメインにして、スタンプは補助的に使いましょう。

(4)愚痴や噂話

『いつまでもネチネチしてるの嫌いです』(25歳/商社)

愚痴や噂話は女性特有の話題なので、男性にとって全く面白みがありません。
内容がネガティブであるほど、「関わりたくないな」と思われ、いずれブロックされてしまうことも。

男性は女性に対して「前向きな思考」や「癒し」を求めています。
愚痴や噂話は、求められている特徴と真逆。

「会ってみたい」と思われるような、良い影響を与えるコミュニケーションにしましょう。


LINEでモテるかどうかが左右されるといっても過言ではありません。
メッセージを送る時は、男性が「楽しい」と感じるのを目的に、慎重に考えましょう。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条