セールはお財布の紐が緩みやすくなるため、ついつい買ってしまいますよね。
ですが後日冷静に見た時に「なんでこれ買ったんだろう……」と思う服も正直ありますよね。

どんな服がタンスの奥に眠ったままになるのでしょうか?
そこで今回は、着ないまま放置されやすい服たちを紹介します!

(1)シンプルジャケット

『シンプルなジャケットって逆になかなか出番がないんだよね』(25歳/営業)

シンプルジャケットは、仕事やプライベート両方で活躍するアイテム。
だからこそ放置されやすいアイテムになっているのです。

どんな場面でも活躍するという理由だけで、キープしといても実は出番がないことがほとんど。
それに流行りや自分の好みも変化するので、より手を付けられずそのままになってしまいます。

(2)ワンピース

『ちょっとでも古くなるともう着れないから、タイミング逃すと最悪』(26歳/商社)

ワンピースは一枚でオシャレに決まる最高のアイテム。
安くなっているとついついワンピースは購入したくなるものです。

それは「いつか着る時が来るかも」という思いからですが、当たり前ですがワンピースにも流行りがあります。

古臭さを感じたり、どことなく気に入らないなどが出てきて、結局着ないまま吊るされていることもあるでしょう。
このような自体を避けるためにも、着回しができるものを選ぶことがポイントになります。

(3)パンツ

『安いからって勢いで買ったパンツって、あんまり履かなかったりするよね』(24歳/不動産)

パンツは何枚あっても困ることのないアイテムです。
しかしセールで安くなったパンツをあやまって購入してしまうと、着ないままタンスの奥で眠ってしまうことになってしまいます。

購入するパンツも、普段から使用しないカラーじゃないと穿きません。
穿く自信がない場合は、安くても購入しないようにしましょう。

そして確実に穿くことができるものを厳選しましょう!

(4)ブラウス

『可愛いけど、流行りがあるから来年は着れなかったりする』(25歳/IT)

ブラウスはオシャレで可愛いものが多いのです、流行りがあるためセールになりやすいアイテムになります。
そのため「あまり着ないけど安いから買おう!」という軽い気持ちで購入すると、タンスの奥で眠ってしまう結果となってしまいます。

本当にこれは来年も着れるのか、持っているアイテムでも着こなすことができるのか、という点を考えて購入する必要があります。


値段が手軽だと安さに負け、ついつい衝動買いをしてしまいます。
ですが着てこそ服は価値がありますので、買って置いておくのと買わないのは一緒に意味になってしまいます。

必ず先をことを考えて購入するようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条