「聞き上手な女性は男女ともに好かれる」と言われますが、具体的にどうすればいいのか、案外難しくて戸惑ってしまいますよね。
そこで今回は、「聞き上手な女性」の特徴と、どうやってなるのかをセットでご紹介。
少しずつ試して、相手が楽しく感じるコミュニケーションを取り入れましょう。

(1)リアクションと相槌

聞き上手な女性は、相手の会話の内容に合わせて、適切なリアクションを取ります。
そして、頷いたり言葉で相槌を打つことで、「あなたの話を聞いていますよ」というサインを示す効果があるのです。

リアクションは少しオーバーなくらいがベター。
恥ずかしがって無難なリアクションをするより、感情を曝け出した方が、相手も話しやすい雰囲気になります。

(2)興味を持って聞く姿勢

興味津々で自分の話を聞いてくれると、どんどん話したくなるもの。
聞き上手な女性は「興味のある素振りをしている」のではなく、「心から興味を持って会話を楽しんでいる」という特徴があります。

「すごいね!」「え、どうなったの?」「面白い!」
こうした興味深々な様子が伝わる相槌が打てると、「あなたの話が楽しいですよ」というメッセージが伝わります。
そして何より、笑顔を心がけるようにしましょう。

(3)重要な言葉をオウム返し

聞き上手な女性は、相手の話の中で重要な言葉を見つけ出し、オウム返しで共感します。
ただ「すごい」とリアクションするより、「〇〇できるなんてすごい」と具体性が増した方が、言葉の深みが増すのです。

ポイントは「相手は何を伝えたいのか」に注目すること。
例えば「有名なお店で食べるのに30分も並んだ」という言葉には、「待ち時間に共感してほしい」という目的が隠れています。

(4)自分の話に変えない

相手の話を聞いている時、「私もこの前〇〇したんですよ」と自分の話に変えてしまうと、相手は聞いてもらっている実感がなくなります。

聞き上手の女性は、自分を主体にせず、ちゃんと相手の話を最後まで聞きます。
「これ話したい!」と思うことが頭に浮かんでも、グッとこらえて聞く側に徹しましょう。


聞き上手な女性は、相手との会話を楽しんでいるからこそ、自然と相手の気持ちに合ったリアクションが取れます。
まずは、「上手に聞き手に回ろう」と思いすぎず、会話の内容に興味を持って、一緒に楽しむことを重視してみましょう。

(恋愛jp編集部)