男性が女性に対して面倒くさいと感じるのはどういう時でしょうか?
自分では良いと思ってとった行動でも、男性から「面倒くさい女」認定されてしまうこともあります。

知らず知らずの内に相手の気持が離れてしまうのは悲しいですよね。
今回は、男性が面倒だと思ってしまう言動を4つご紹介します。

(1)相手を束縛する

常に相手に対して自分が一番の存在でありたいというのは、とても自然な願いです。
しかし、それを強要してしまうような言葉や態度をとってはNGです。

「私だけを見て」とか「あなたにとって私が一番」などの言葉を、繰り返して言ってはいませんか?
男性は重たいなと感じた瞬間に気持ちが離れてしまうこともありますよ。

(2)相手の気持ちを確かめ過ぎない

いつもよく思われていたいとか相手に自分のことを気に留めて欲しいと思うあまり、「私のこと好き?」「可愛いと思う?」など、何度も質問を繰り返してしまうと、面倒くさい女に認定されてしまいます。

交際をしているのであれば、尚更、相手からの気持ちを確かめたり自分の不安を解消したりするための「どう思う?」という質問は、控えめにするのが良いでしょう。

(3)自分を優先してわがままを言う

多少のわがままは可愛いものだと思って許してくれる相手でもそれが積み重なってしまうと、ある瞬間に「彼女」から「面倒くさい女」になってしまいます。

夜中に突然「会いたい」とねだったり、デートのときに自分の希望ばかりを主張したりすると、相手の男性に大きな負担感を与えます。
わがままを聞いてもらったら、相手にも一つわがままをさせてあげるなどのバランス感覚が重要です。

(4)完璧主義なデートプラン

完璧主義過ぎて、デートのプランを徹底的に磨き上げて、予定の変更や時間の延長など柔軟な対応ができないような姿を見せてしまうと、相手に「この先に苦労しそうだな」という印象を与えます。

デートプランはある程度の柔軟性があったり、男性側に委ねたりする部分があったりすると好印象です。

また、無計画すぎて全部相手にお任せするというスタイルも考えものです。
二人の行動を楽しく計画できて、その時の状況に合わせて柔軟に対応できるような心構えが重要です。


男性が好む女性は、お互いの事をよく理解し合い、よく話し合ったり価値観をすり合わせようとする女性です。
一方的な行動は、負担を感じさせると同時に「面倒くさい女」だなと感じさせる危険性もあるので控えましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。