親しい人や恋人など、親密な人であればハグをしたことがある人はいることでしょう。
ハグの種類にはいくつかタイプがあり、その仕方で2人の親密度をはかることができます。
関係を深めたいときの参考にすると良いでしょう。

(1)見つめ合いながらするハグは親密度が高い

相手の目をお互いにみながらハグをする人は、その人と信頼関係がしっかり築けていることの証明といえます。
逆に、照れてしまって目をそらしたりする場合は抱きしめたり抱きしめられたりするという行動に慣れていない状態だと考えることができます。

また、見つめあってするハグは家族愛に近い心理状態を表していることが多いです。
もしも、恋人の愛情を確かめたいときには見つめながらのハグができれば安心感を得られやすいためおすすめです。

(2)バックハグには相手を守りたいという気持ちがある

バックハグは、ハグをされる相手側にとってはパートナーに慣れていることを示しています。
信頼関係が強固でなければ、なかなかできないハグの仕方であることはいえるでしょう。
その理由として、無防備な背中をパートナーに預ける形になるためです。

また、バックハグをする男性にとっては相手のことを守りたいという気持ちをこめていることが多いです。

(3)ハグをしたときに背中をさすれるなら親密度は高い

正面からハグをして、そのときに手が背中に触れてさすれたりできるのであれば親密度は高いといえます。
背中は無防備ですので、相手の背中をきちんとさわれる場合は相手が気を許していることの証明です。

それから、正面からのハグをするときにお互いの心臓を重ねて行うのは信用しているからこそできることだといえるでしょう。

(4)一方的なハグは片思いである場合もあるため注意

逆にハグをしても相手がリアクションに困ったり、手が下がったままの状態である場合には親密度は低いと判断できます。これは恋人の関係でも当てはまります。
互いの愛情が同じレベルにない状態である場合には、一方的な形で抱きしめる状態が起きてしまう傾向があります。

もしも抱きしめられたときに相手にも愛情があることを示したいときには、抱きしめたときに反応を返してあげるようにすると良いです。


ハグは、人間同士がコミュニケーションを行ううえで重要な動作ともいえます。

日本国内においてはあまりハグが頻繁に行うわけではないですが、もし恋人や夫婦などで今の関係が気になる場合や不安があるときには、抱きしめてみたときに相手の反応を観察してみると良いでしょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。