今やLINEは異性と恋愛するためには必須ツールとなっています。
文面や対応の仕方によっては男性から恋愛下手という嫌なレッテルと貼られる恐れもあるので、ここでどんな行動がNGなのかと簡単に見ていきましょう。

(1)メッセージ通知があっても反応が遅い

LINEの場合、友達から新しいメッセージが送られるとすぐにスマートフォンに通知が入ります。
この通知に素早く反応すれば、メッセージを送った相手は「待っていてくれたのか」と嬉しくなるものです。

しかし中には、メッセージを送っても半日、または数日後に返信をする方もいます。
もし相手が彼氏だった場合は、自分を気に掛けていないのだと落ち込むこと間違いなしです。

(2)恋愛下手は文章下手!?

彼氏・彼女のLINEのやり取りというと、砕けた文面で何気ない会話でも顔文字で笑っている気持ちを表現する方が多いでしょう。
しかし恋愛下手さんだと、LINEの文章が堅苦しくなって他人行儀なものが多い傾向にあります。

思わず「事務手続きかよ」と突っ込まれそうなお堅い文章だと、恋愛とは程遠くなるLINEなので、時と場合を考えた文章力を身に付けるのが大切です。

(3)自分の事しか伝えてこない

リアルな会話でも大切ですが、LINEのメッセージのやり取りでも「言葉のキャッチボール」は非常に重要です。
相手にメッセージを送る場合は、自分の事を話すだけでなく相手の状態を気に掛けて話題を大きく引き出すのがコツです。

「私は・私が」といった自己中心的な話題しかしない女性は、男性から見たらお近づきになりたくないタイプになります。

(4)ネガティブな話題しか言わない

恋愛イコール明るくて楽しいもの、こうイメージする方が大半でしょう。
LINEメッセージでもハートや笑顔マークが溢れていると自然と幸せな気持ちになるものです。

ところが、「しんどい・辛い・だるい」といった言葉と共に泣き顔マークのメッセージをもらうと、誰でも気が滅入ってしまいます。
彼氏だったら自然と別れたいという文字が頭に浮かぶものです。


以上、男が女性に対して「恋愛下手だな」と思ってしまうLINEの一例でした。
LINEだけでなくメールにも当てはまりますが、大切な彼氏または意中の男性とのやり取りでは、常にポジティブさを大切にしていると自然と距離が縮まって良い関係を築けるようになります。

(恋愛jp編集部)