男性とのデートの際にはメイクにも力を入れたいと考える女性は多いものです。
しかしあまりにも気合いを入れ過ぎてしまうと、間違った印象を与えて変だと思われてしまう可能性もあります。

やり過ぎなメイクは場合によっては汚く見えることもあるため注意が必要です。

(1)目を大きく見せるための囲み目メイク

女性の中にはアイメイクに力を入れる人は多く見られます。
アイメイクの方法には様々なものがありますが、その中でも目の周りをアイラインで強めに黒く囲ってしまうメイクはあまりお勧めできるものではありません。

きつい印象を与えることにもなってしまいます。
しっかりと囲むのではなく、自然にアイラインを引いた方が目が大きく見え、男性への印象もよいものとなるでしょう。

(2)あまりにも太すぎる眉毛

近年では太めのナチュラルな眉毛が流行しているといえるでしょう。
そのためメイクの際には眉毛を太く濃くかいている女性も多く見られます。

しかしあまりにも眉毛を濃く太くかき過ぎてしまうと、ダサい印象を作り出し変だと思われてしまいます。
色を選ぶには髪の毛よりもやや薄めの色を選び、自然な印象を与えることが大切です。

(3)紫や青のアイシャドーをのせる

目の上に紫や青のアイシャドーをのせることで、爽やかな印象を与えることができるでしょう。
しかし男性から見るとこのような寒々しい色には違和感を持つ人が多く見られます。

特にアイシャドーでも青色を選んでしまうと、のせ方を間違えた際に目元が重く見えるようにもなります。
メイクにあまり自信がないのであれば、ピンクやブラウン系などのシャドーを選ぶと肌に馴染みやすくなります。

(4)チークが濃すぎて子どもっぽくなっている

チークを頬にさりげなくのせることによって、顔色が明るくなり健康的な印象を作り上げることができるでしょう。
しかしあまりにもチークが濃すぎてしまうと、子どもっぽい印象を与えることにもつながります。

大人っぽい印象を表現するためには、ピンクよりもブラウン系などの可愛い過ぎない色を選ぶことが重要です。
(ただ、リップのブラウン系は逆にあまり男ウケしないようです。)


このようなメイクに男性が変だと感じていることがわかりました。
メイクは女性の美しさを際立たせるものですが、仕方を間違えると全く違う印象を与えることにもなります。

一番は自分に似合うものを選ぶことなので、自分に合うメイクがどのようなものなのかを研究し、好印象を与えられるようにしたいものです。

(恋愛jp編集部)