男は基本的にボディタッチが好きですが、本命の女性にしかしないボディタッチがあるのです。
これを知っていれば相手が自分の事をどう考えているのか、また「本気にしてもいいのか」という判断材料になります。

そんなボディタッチを簡潔にまとめると優しく、そして距離が近いのがポイントです。

(1)本命にはしつこく触らない

男は女性の柔らかな肉感が好きで、長時間触っていたいと言われています。
そのためついしつこくなりがちですが、本命の女性には「嫌われたくない」という気持ちが強いため、嫌がる素振りをしたらすぐに触る事を止めてくれるはずです。

逆にそのまま続けようとする男は下心しかない証拠なので、相手にしないほうが賢明と断言できます。

(2)本命には腕に触れたりなど優しく触る

優しく触る、もといソフトタッチは男からすれば気を付けている触り方です。
けれどもいくら優しいからといって触る部位によって、その本音が分かります。

例えばお尻や太ももなど男が好む部位ならやはり欲情していると見て間違いありませんが、肩や腕、さらに言えば助けようとして触れたのであれば相手にして良いといっても過言ではないです。

(3)本命には体を寄せてしまう

男の恋愛対象に対する欲求は独占欲と保護欲です。
本気だからこそその相手を「他の男に取られたくない」と思い、また「彼女だけでは生きられないだろうから守りたい」という感情がこみ上げると言われています。

それらの欲求が体を寄せ、自分の手の届く範囲に留めようとするわけです。
このボディタッチは中々しないため、ある意味分かりやすいと言えます。

(4)本命には間接的に触れようとする

男は本命を相手にすると、普段の態度からでは考えられない接し方をします。
例えばLINEでやり取りしていたのに急に電話をかけてくるケースがありますが、これはまさに間接的な関わり合いを欲しているからです。

分かりやすい例で言えば相手に「シャツを着てもいいか」と聞き、了承してくれば脈がありと判断できます。
男は基本的に自分の代物に触れる事を嫌うため、見極める材料になるはずです。


恋愛ではあまり本気にならない男が本命に出会えてからこそ見せるボディタッチはまさに優しく、そして繊細です。
見極めるのは大変かもしれませんが、もしも相手が本気になっていたらせっかくのチャンスが不意になります。

なので許容できる範囲でボディタッチをさせてるのはありです。

(恋愛jp編集部)