好きな人や恋人と、毎日のようにLINEしたいという女性に、とっておきの方法があります。
それは明日も話したくなるような「おやすみLINE」です。

今回は、男性がもらって嬉しい「おやすみLINE」について調べてみましょう。

(1)「好きだよ」

すでに彼と恋人同士なら、「好きだよ、おやすみ」と伝えてみるのはいかがでしょうか?
彼女に「好き」と言われたら、幸せな気持ちで眠りにつくことができそうです。

普段、ストレートに言うことが恥ずかしいという方も、顔が見えないLINEなら「好き」と伝えやすいかもしれませんね。

(2)「今日も楽しかった」

素直に楽しかったことを伝えると、彼もほっこりするでしょう。
「俺と話せて楽しかったってこと?」と自分を認められた気分になり、嬉しくなってしまうのです。

明日も楽しんでもらいたいなと思った彼から、次の日もLINEが来る可能性が高まりますよ。

(3)「もっと話したかったなあ」

時間が経つのが早い、と惜しむ気持ちを伝えることで「楽しかった」というアピールになります。
まだやり取りしたかった、と言われたら、キュンとしてしまいますよね。

「もっと話したかったから、また明日もLINEしていい?」なんて言われたら、彼も快くOKしてしまうはずです。

(4)「早く会いたいね」

デートの約束をしている場合は、この一言が効果的。
先のことを想像させるLINEは、受け取り手をときめかせます。

会える日が待ち遠しいと伝えることで、彼は「俺のこと好きなんだなあ」と感じ取り、明るい気分になることでしょう。


1日の締めくくりとなる言葉には、素直な気持ちを表現してほしい、という男性は多いもの。
素直な言葉でおやすみLINEを送れば、彼も嬉しくなって、次の日もLINEが来るかもしれませんよ。

男性が喜ぶおやすみLINEを実施して、ますます親密な関係を築いていってくださいね。

(恋愛jp編集部)