男性には聞き上手な人も多いですが、それほど関心を持っていない相手の話についてはつまらないと言う態度を見せてしまうこともあります。
思わず苦笑いしてしまうようなそれらの態度については、特徴的なものがありますので知っておいても良いでしょう。

(1)話をしている間にスマートフォンを見ている

これは非常にわかりやすい興味がない、つまらないと感じている証拠になります。
あなたの話よりもスマートフォンの方が重要であると言うことを分かりやすく示している姿です。

デート中の時間なにこの様な態度を取られているのであれば、あなたの話は勿論ですが、あなたへの興味もそれほどないと言うことになります。

(2)相槌が適当な感じの時

話を聞いてくれてはいるんだけれども、どこか上の空と言う事は実際にあり得ます。
普段からそういう聞き方の人もいますが、明らかに適当な相槌を打っているような状況であれば、あなたの話に興味がないと言う態度を示していると考えることができます。

こういう時は愛想笑いをしてもなんとなく苦笑いになっているように見えるものです。

(3)男性の側から別の話を切り出されてしまう時

自分が話しているときに、突然全く関係のない話を切り出されたことがあるとすれば、それは今のその話がつまらないから話題を変えようと言う意味かもしれません。
あなたの話に同意をしながら聞いていくことに辛さを覚えた時はこのような反応になることがあります。

話している内容にもよりますので、相手が効いて楽しいと感じられる会話になっていたか思い出してみましょう。

(4)全く返事をしてくれない

相手の話がつまらないと感じたときに、最も有効な方法の1つとして反応しないと言う方法があります。
かなり冷たく感じてしまうので普通はしませんが、その話を止めて欲しいと感じている時などは、こういう手法もあるでしょう。

聞いていてつまらない話や人を傷つけるような話である場合には、こういうことも起こり得るということを知っておきましょう。


つまらない話と男性が感じているときにしてしまう態度にはいくつかの種類がありますが、相手の反応が悪くなると感じられるものが多いです。
何かおかしいなという雰囲気を感じたら、今している話の内容についてちょっと冷静に目を向けてみましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。