いつまでも好き同士だと思っていたのに、気が付けば彼から冷たい態度を受けている気がする……ということはありませんか?
それはもしかしたら、男性が恋愛のお別れに使うLINEかもしれません。

ここでは男性が使うLINEの別れテクを紹介します。

(1)「未読が増大」

以前は仕事で遅くとも必ず既読になり、返信もくれていた男性、しかし最近既読にすらならない場合、お別れを意識している可能性があります。

あなたからのメッセージを読まないことで考えずにいようとしているのですね。
もしメッセージの未読が増えていたら、既に彼はあなたに関心がない恐れがありますよ。

(2)「会えない」

男が別れを決意した場合、とにかく会えなくなってしまいます。
そのため、食事やデートの誘いのメッセージはのらりくらりと躱して明確な返事をしないか、はっきりと無理と言ってくるでしょう。

好きな相手であれば時間をどうにかやりくりして会おうとしますので、会えないとメッセージされる時には別れ直前です。

(3)「とにかく簡素」

以前は絵文字はともかくとして、顔文字やスタンプくらいは送ってくれていたのに、最近とにかく質素でシンプルなメッセージばかり……という時には、お別れが近づいているでしょう。

あの手この手を使ってあなたに好印象を与えるつもりはもうないのですね。
まだ返事はくれるけれど内容が単語や返事のみ、という場合には覚悟が必要です。

(4)「好きが出てこない」

別れを意識した男性は、LINEで「好き」という単語を使わなくなります。
女性に対しては勿論のこと、料理やゲームなどの世間話であっても慎重に好きという単語を使わないようにするでしょう。

意識的にかわしているわけですので、彼はすでにあなたのことに興味がなくなっており、間隔をあけるタイミングを狙っているはずです。


メッセージが簡素になり、更には読まれないことも増えてきたら、男性は別れを意識している可能性が高いです。
会うことを極力避けますし、好きという単語も使いません。

別れるならそうとはっきり言えないのはずるいわけですから、覚悟をして話あってみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。