男が本命の彼女にLINEを送る時には、遊び相手に送るLINEとは違う特徴が色々あります。
好きな気持ちや相手を大事にしたい思いが、言葉の端々に表れるものだからです。

自分が彼の本命なのか分からないという人は参考にするといいかもしれません。

(1)他愛のない挨拶が多い

本命の彼女に送るLINEの特徴には、「おはよう」や「おやすみ」といった他愛のない挨拶が多いことが挙げられます。
心を許している彼女とは、そういった些細なやり取りも楽しく感じられます。

あまりLINEをマメに送るタイプの男性ではなくても、朝や夜の挨拶程度なら気軽にできるという男性もいます。

(2)すぐに返事ができない場合も一言返信してくれる

すぐに返事ができない場合でも、好きな人であれば一言返信をするものです。

今、忙しいので後から連絡するといった返事であればすぐにできます。
好きな人を安心させたいという気持ちがあるからです。

でも、本命ではない場合にはそういう手間を惜しんでしまいます。
既読スルーが多かったり、返信まで時間がかかる時はあまり真剣な付き合いではないのかもしれません。

(3)撮影した写真を送って来る

男性の場合、本命の彼女には写真を送るという人が多いです。
例えば自宅で飼っている猫の写真を送ってきたり、友達同士で出かけた先の写真を送ってきたりします。

好きな女性には自分のことを分かってもらいたいという気持ちがあるので、写真を送ってくるのです。
共通の話題が増えることで、絆が深まるという面もあります。

(4)スタンプにも一言添える

LINEの返信では、スタンプだけを送るという人もいます。
親しい友人同士だったり、家族などに送ることが多いです。

彼女にも同様に接するかというと、本命であれば一言添えて相手を気遣います。
スタンプだけでも済ませられるけど、文章を考えるのは相手とのコミュニケーションを楽しんでいる証です。


男性が本命の彼女に送るLINEの特徴には、「おはよう」や「おやすみ」といった他愛のない挨拶が多いことが挙げられます。
それからすぐに返事が出来ない場合でも既読スルーにはせず、一言返信してくれたりもします。

スタンプだけで送信することもありません。
自分で撮影した写真を送ってくるのも特徴の1つです。

(恋愛jp編集部)