「彼に甘えてみたいけど、実際にやろうとすると上手に甘えられない……。」
そんな悩みを持つ女性、実は結構多いんです。

そこで今回は、男性目線から見た「上手な甘え方」のポイントについて解説していきたいと思います。

(1)駆け引きをしない

男性に甘える際、軽い女だと思われないために「駆け引き」をしていませんか?
実はその駆け引きが「この子に甘えられると面倒」だと思われるキッカケになってしまっているのかも。

男性は女性に頼られたいと思っている生き物なので、素直に甘えた方が印象良く受け止めてもらえますよ!

(2)男性の自尊心を満たす


相手の得意なことをお願いすることも、上手な甘え方のポイントです。
相手の自尊心を満たすようなお願いであれば、お願いを聞く男性側も喜んであなたのために動いてくれるはず。

このとき「断られるかな?」という雰囲気を出して、男性の庇護欲を刺激すると更に甘えやすくなりますよ!

(3)「一緒にしたい」と誘う

甘え上手な女性は「○○して」とお願いするのではなく、「一緒に○○しよう♪」と相手を巻き込むような形で甘えを表現します。

「一緒に○○食べに行こう!」であればデートのお誘いになりますし、「一緒にお風呂入らない?」と甘えればイチャイチャしたい時の合図にもなりますよ。

「一緒にしたい」と提案するように甘えることで、「お願いを聞かなければならない」というネガティブな印象が弱まるのです。

(4)必ずお礼を言う


「好きな人の喜ぶ顔が見たい!」と思う心理は男女共通です。
多少ムリなお願いを彼女にされたとしても、好きな人の喜ぶ表情を見ると「やってよかったな」と感じるそうです。

「またお願いを聞いてあげよう」と思ってもらうためにも、甘えさせてもらった男性には笑顔でお礼を言うことを忘れずにしたいですね!


男性は誰もが「好きな人に甘えられたい」と内心思っているものです。
しかし甘えとワガママを混同してしまうと、彼に嫌われてしまう原因となります。

上手な甘え方のコツを理解して、二人の親密度をUPさせちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)