男性に「服装がちょっと…」なんて理由で冷められてしまったら、女性としてはとても悲しいですよね。
今回は男性が「彼女に着て欲しくない服装」について4つご紹介していきます。

今後のデートやお付き合いの参考にしてみてくださいね。

(1)ヨレヨレの服ばかり着ている

『首元がヨレヨレだといくらオシャレしていてもだらしなく見える』(27歳/広告)

たとえばシワの寄ったシャツや、袖がヨレたニットばかり着ている……。
そんな女性のコーディネートに冷めてしまう男性も少なくないようです。

灰色のニットなどは余計目立ちます。
おしゃれはもちろんのこと、清潔感や女子力を意識してみることも大切かもしれません。

(2)自分の体型に合っていない服装

『体型のコンプレックスを隠そうと大き目の服を着るよりも、自分の体型にあったオシャレをして欲しい』(32歳/営業)

たとえば痩せ型の体型なのにダボダボで大きすぎる服ばかり着ている女性や、ぽっちゃりしているのにピチピチの服装をしている女性。
そんな女性はダサい印象を与えてしまう場合も多く、男性がダサいと感じてしまう事もあるようです。

自分の体型を活かして魅力的に映るようなコーディネートができれば、男性にも一目置いてもらえることでしょう。

(3)ハイブランド・有名ブランドのアイテムばかりの服装

『全身がブランド物の服装だと「お金遣いが荒そうだな」と思うし、なんかダサく見える』(29歳/企画)

さまざまなブランドが存在する中で、あなたはいつもどんなアイテムをチョイスしていますか?
全身を全て有名なブランドでコーディネートしてしまう女性は、ダサいと思われてしまうこともあるようです。

多くのブランドがある中から、自分に合ったブランドやアイテムをほどよく選ぶことで、レベルアップしたコーディネートをすることができるでしょう。

(4)派手な色や合っていない色ばかりの服装

『全体の色のバランスが取れているだけでバランスよく見える』(30歳/販売)

上下に派手な色ばかり取り入れた服装や、アンバランスすぎる服装は男性に「ダサい」と感じられてしまうこともあります。
たとえば派手すぎるピンクばかりでコーディネートしたり、使い方の難しい色のアイテムばかりを取り入れたり……。

うまくバランスを取った色使いをすることが、ポイントといえそうですね。


ファッションを一歩間違えてしまうと、男性にも「ダサいな…」と冷められてしまう危険性があります。
自分の体型や系統に合った服装をしたり、バランスの良い服装をしたりすることで、彼にもぜひ「素敵!」と感じてもらいましょう。

(恋愛jp編集部)