「ギャップで惚れさせろ」という言葉は、恋する女性なら一度は聞いたことがあるテクニックでしょう。
でも具体的に、どんなギャップを見せれば男性を惚れさせることができるのか、知りたいですよね。

今回はそんな女性のために、「男がドギマギするギャップ」を調べてみました。

(1)ツンデレ

『いつもはそっけないのに、2人きりだと甘えてくる彼女が最高に可愛い』(27歳/営業)

ツンデレは、少年漫画のヒロインによく見られる性格ですよね。
男性からの支持が高いゆえの設定だと言えるでしょう。

みんなの前ではそっけないけど、2人きりになると甘えてくる。
「自分だけは特別」という感覚に、男性は惚れ込むのです。

(2)しっかり者なのにときどき天然

『しっかり者なのに、ちょっと抜けてるところがあると可愛いよね』(27歳/不動産)

仕事もできて美人で性格もいい。
そんな完璧な女性は、どことなく近寄りがたいもの。

ですがそんな女性が、たまにおちょこちょいな一面を見せると、一気に親近感が湧くのです。
完璧は目指しすぎず、隙を見せるとモテが近づくかもしれませんよ。

(3)遊んでそうなのに家庭的

『ギャルっぽい見た目の子が家庭的だとグッとくる!』(29歳/金融)

ギャルは苦手、と敬遠する男性は多いでしょう。
ですが見た目は派手なのに実は料理が得意、掃除や洗濯もテキパキこなすというギャップは、「苦手」という気持ちもひっくり返します。

第一印象があまりよくないだけに、後から知る内面の魅力がますます引き立てられるのです。

(4)ファッションやメイクのギャップ

『いつもボーイッシュな子が、デートの時に女の子らしい服で来たらキュンとする』(26歳/営業)

外見のギャップを見せるのも効果的です。
普段はボーイッシュな服装だけど、気になる彼と2人で会うときは女の子らしい服装とヘアセット、といったようにテイストを使い分ける姿に、男性はキュンとくるようです。

服装や髪型でイメージは大きく変えられるので、試してみる価値がありそうです。


ギャップを見せるコツは、普段の自分と180度違うことをしてみることです。
普段自分はどんな風に見られているのか、友人に聞いてみた上で、真逆の自分を演じてみましょう。

あなたのいつもと違う一面が、恋を発展させるかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)