もう少し身なりに気を使えばもっとモテるのに……と思われてしまうダサいファッションの人もいます。
仲良くても本人にはストレートに「ダサいよ」と言いにくいため、自分で気づきにくいかもしれませんね。

今回は、友達にダサいと思われるファッションについて見ていきましょう。

(1)安っぽいアイテムばかりのコーデ

『さすがに大人になって全身プチプラはどうなの……』(28歳/広告)

全身がプチプラのアイテムばかりで統一したコーデは、ダサいと思われてしまいます。

プチプラも上手に取り入れたいものですが、アイテムによっては安っぽさが目立ちます。
大人なのに安っぽいコーデでは、友達からダサいと思われてしまうでしょう。

(2)装飾が多くて甘すぎ

『フリルたっぷりとか、リボンとか、さすがに痛すぎ』(31歳/不動産)

たっぷりのフリル、大きなリボンなど、甘すぎる服もダサいと思われてしまいます。

10代なら若さで着こなせるでしょうが、ある程度の年齢になると甘すぎるファッションは痛々しく見えてしまいます。
大人は甘さを抑えたシンプルなファッションの方が素敵に見えますよ。

(3)数年前に流行した服

『何年前の流行!?どれだけファッションに興味ないかが一目瞭然……』(29歳/建築)

ファッションはアップデートしていかないと、自分だけ取り残されてしまいます。
数年前に流行した服を「まだ十分着られる」として愛用していると、ダサいと思われてしまいますよ。

流行は移り変わるので、流行遅れになるとダサいアイテムになってしまいます。
服を長く愛用したいなら、流行に左右されない定番アイテムを買うようにしましょう。

(4)サイズが合っていない

『サイズ感があってないとバランスが悪い』(27歳/SE)

服のサイズを1サイズ大きくするのは、ちょっと勇気がいることです。
しかし小さなサイズを無理して着るよりも、自分に合うサイズの服を着た方がすっきり見えるもの。

ムリして小さいサイズを着てパツパツになるより、1サイズ上の服を選んだ方がきれいに着こなせます。
体型に合わない服をムリして着ていると、ダサいと思われてしまいますよ。


友達にダサいと思われるファッションをご紹介しました。

もしドキッとしたら、今すぐクローゼットの服を見直してください。
自分の年齢やサイズに合った服を選んで、ダサいファッションを卒業しましょう。

(恋愛jp編集部)