恋愛を進めるためには「会話を盛り上げること」が何より大切。
時間を忘れて話し込んでしまうような女性とは、デートを存分に楽しむことができます。

今回は、男性が「話してて飽きない女性」の特徴4つのご紹介です!

(1)女性から話題を振ってくれる

『向こうから話題を振ってくれると話しやすいし助かる』(27歳/建築)

男性が話す時に、もっとも困るのが「どんな話を振ればいいのか分からない」という悩み。
いざ話そうとすると、取っ掛かりを見つけるのが難しく感じます。

女性から話題を振ってくれたり、質問を重ねてくれれば、「気まずい沈黙」にならずに済むため大助かり。
彼が困らないように、女性からもトークをサポートしましょう。

(2)前向きなリアクションを取ってくれる

『いつも前向きなリアクションをとってくれるから、話してて楽しい』(30歳/コンサル)

いざ話したところで「微妙な反応」や「無反応」を返されると傷つきます。
前向きなリアクションを取ってくれる女性なら、傷つく心配がなくなり、自由に会話ができるように。

「すごい」「おもしろい!」「素敵」などの言葉のバリエーションがあると、聞き上手に近づくことができます。

(3)「聞く」と「話す」の比率が絶妙

『話をしてるときはしっかり聞いてくれるし、でも自分からも話題を提供してくれるし、飽きないよね』(29歳/公務員)

恋愛では「聞き上手であるべき」といわれますが、ずっと自分のことを話さないのもNG。
自己顕示欲が強い男性でない限り、「相手のことも知りたい」と考え、自己開示してくれると安心するのです。

相手がどれくらい自分のことを話したいかによって、男女の会話比率を「5対5から8対2」くらいの間で調整しましょう。

(4)ちゃんと目を見てくれる

『しっかり目を見て話してくれる子は好印象ですよね』(27歳/IT)

相手の話を聞くには「ちゃんと目を見る」ことが欠かせません。
目をじっと見て話を聞くだけで、前述したリアクションの効果もグンと高まるのです。

好きな人となると「思わず目を逸らしてしまう」気持ちもありますが、あえてしっかりと目を合わせましょう。


男性が「話してて飽きない」と感じる女性は、相手が楽しく会話できるための工夫を重ねています。
ちょっとした気遣いの積み重ねが、「会話が盛り上がる」という状態につながるのです。

ぜひ今回ご紹介した4つのポイントを意識してみましょう。

(恋愛jp編集部)