「脚が太い」など、下半身にコンプレックスを持っている女性は多いですよね。
「下半身をスッキリ見せたい」ということは多くの女性の願いですが、下半身がより目立つコーデになっている人もいます。

今回は、やりがちな下半身デブコーデを4つご紹介しますので、あなたも同じようなコーデになっていないかチェックしてくださいね。

(1)ワイドパンツ

『ワイドパンツばっかり履いてる人って、体型にコンプレックスがあるの丸わかり』(27歳/サービス)

ワイドパンツは脚のシルエットを隠せるので、下半身にコンプレックスがある人は手放せないアイテムになっているかもしれません。

しかしシルエットが見えない代わりに下半身を大きく見せてしまいます。
ワイドパンツを履くときは、タイトなトップスを選び、全身のバランスを取りましょう。

(2)メリハリのないワンピース

『メリハリがないから太って見える』(29歳/公務員)

暖かくなるとストンとしたシンプルなワンピースを着たくなりますよね。
体を締め付けず、涼しくて楽。

さらに体型を隠してくれますが、メリハリがないので、ぽっちゃり体型の人が着ると太って見えますよ。
ベルトでウエストをマークするなどの工夫が必要です。

(3)タイトスカート

『ピタッとしたタイトスカートって、下半身の太さが目立つよね』(32歳/販売)

タイトスカートやスキニーなど、タイトなボトムスも下半身デブを目立たせます。
ピチピチのボトムスは、贅肉を感じさせる下半身デブコーデになってしまいます。

下半身のボリュームが気になる人は、タイトなボトムスを避けた方がよいでしょう。

(4)膨張色

『淡い色って膨張色だから太って見えるよね』(28歳/サービス)

淡い色のボトムスは可愛いですが、膨張色のため大きく見せてしまいます。
下半身の太さが気になる人は、膨張色のボトムスを避けておきましょう。

淡い色を用いる時はトップスにして、ボトムスは引き締め効果がある色を選んでください。


体型が気になる人は、下半身デブコーデにならないように気をつけてくださいね。

ご紹介した4つのNGコーデを避けて、スタイルよく見えるコーデを取り入れてください。

(恋愛jp編集部)