オフィスでNGファッションをすると目立ってしまうよ。
職場に合う洋服選びって難しいですよね。

そんなあなたはオトナ女子が間違えるNGファッションを学びましょう。

(1)目立つ派手な服装

たとえ仕事終わりに予定があるからといって、派手な服装で出社しないようにしましょう。

オフィスにはオフィスに向いているファッションというものがあるのです。
柄物や、単色でも真っ赤や蛍光色などの目立つ服装はやめておくべきです。

自分を主張しすぎて社内で浮いてしまいますよ。
協調性がとても大事とされる社会の中では着用する服は控えめな色合いを選んでください。

(2)ミニ丈のパンツやスカート

会社の中ではきちんとしていて、なおかつ動きやすい服装がベスト。

ミニ丈のパンツやスカートは出勤の際には不向きな服装です。
事務職だったとしても来客の目があります。

会社の評価を下げないように、きっちりした姿を見せるようにしましょうね。

(3)露出度高めトップス

会社の中が例えば暑かったとしても、ノースリーブなどの肩だしトップスはNG。

胸が見えるぐらい胸元のあいた服装もやめておきましょう。
男性からも女性からも引かれてしまいますよ。

職場に好きな人がいる女性は注目されたいために少し攻めた服装をしてしまいますよね。
嫌われたくないならなおさら止めておいたほうがいいですよ。

(4)カジュアルすぎる格好

スウェットやハワイアンシャツなどの楽すぎる格好もダメです。

パーカーもオフィス向きではありません。
ビーチサンダルなんてもってのほかです!

会社をなめているのか?と思われても仕方ありません。


会社ではある程度きちんと感のある格好が求められます。
「今から遊びにでもいくのか?」って思われてしまうような服装でいいわけがありません。

社内で浮かないように社会人としてマナーある服装で出社しましょう。

(恋愛jp編集部)