あなたは彼に感じの良いLINEが送れていますか?
LINEをただの連絡のツールと思うと大間違いです。

今回はとってもいい子だなあと思われる、男ウケ抜群の「LINEのやり方」をご紹介します。
LINE1つで印象も変わるので、読んでみてください。

(1)ちょっとだけハイテンション

あなたはLINEを送る時に、ちょっとだけハイテンションを心がけていますか?
いつものテンションが低めという方は、ちょっとだけ元気に送ることを心がけてください。

これがかなり高いテンションだと受け取った相手も疲れてしまいます。
基本的には相手のテンションに合わせて、メッセージのやり取りをするようにしましょう。

(2)軽くお願いLINE

仲良くなるきっかけとして、本当に軽いお願いをしてみましょう。
例えば「今度駅まで一緒に帰ってみない?」など2人が親密になるようなお願いなら、彼も喜んで引き受けてくれるはずです。

自分が言われて重いなと感じるお願いはやめておきましょう。
軽くお願いをした後は、元気に「ありがとう」のLINEを送りましょう。

(3)だらだら長引かせない

常にみんながスマートフォンを持っているとは限りません。
家事をしたり、趣味の時間を持ちたいと思っている男性はたくさんいます。

LINEの文章を考えることは意外と時間を取られます。
女性は会話と同じようにLINEを使いますが、相手のことを思うなら用件だけサッと伝えたら、爽やかに切り上げるのがマナーです。

(4)返事が遅くなっても怒らない

彼も仕事で返事をするのが遅くなることはよくあります。
そんな時に、自分が早く返事が欲しいからといって、返事を催促していませんか?

あまりに長期間返事が来ない時は、既読していても忘れている可能性もあるので声をかける必要がありますが、基本的には基本的にはへん返事返事が遅くなっても怒らないようにしましょう。
義務感が生まれると楽しくありません。


相手のことを考えて自分の予定を優先させず、元気なLINEを送れば彼もあなたと連絡を取るのが楽しみになってきますね。
またネガティブな内容は禁止です。

読んでいて楽しくなるLINEを送るようにすると、彼との距離も縮まりますよ。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。