なぜかコーデがダサい人もいますよね。
1つ1つのアイテムはダサくなくても、選び方や組み合わせが悪くてダサい印象になってしまっています。

今回は、周りにダサい認定されるコーデを4つご紹介しますので、ファッションセンスに自信がない人は、ぜひチェックしてみてください。

(1)サイズが合っていない

ダサい人の特徴として、服のサイズが合っていないことがあります。
服が小さすぎて体にフィットしすぎ、または服が大きすぎてルーズな印象になってしまいます。

自分の体型にぴったり合った服を選ぶと服のシルエットがきれいに見えます。
新しい服を買うときは、試着してから自分の体型に合ったものを選びましょう。

(2)柄と柄の組み合わせ

オシャレ上級者は柄と柄を組み合わせることもありますが、一般的には柄×無地が無難です。
トップスもボトムスも柄物だと、ごちゃごちゃした印象になってオシャレ感がなくなります。

ダサい認定される人は、似合うかどうかを考えずに柄と柄を合わせているかもしれません。
トップスとボトムスのどちらかが柄物なら、無地と合わせるようにしましょう。

(3)トップスとボトムスのバランスが悪い

トップスとボトムスのバランスが悪くてダサく見えている可能性もあります。
たとえばボトムスにボリュームがあれば、トップスはタイトに。

トップスにボリュームがある場合には、ボトムスはスキニーなどタイトなものを選ぶとバランスが取れます。
ボリューム感を考えて、トップスとボトムスのバランスを意識しましょう。

(4)色の組み合わせが変

色の組み合わせが変であれば、ダサいと思われてもしかたありません。
たとえば原色と原色を組み合わせると、派手すぎてダサいと思われてしまいます。

また、色の数が多すぎることもダサくなる原因に。
基本的には3色までが理想的です。

できるだけ小物も含めて3色までに抑えましょう。


ダサいと思われている人は、コーデの基本を知らないだけかもしれません。

ポイントを押さえたら、オシャレになれるはずです。
鏡を見たとき、おかしいなと気づけるようになりましょう。

(恋愛jp編集部)