誰しも体型にコンプレックスを抱えているもの。
できることならコーデで隠したいですよね。

しかし隠そうとするあまり、逆に太って見えてしまうケースも。

今回は、実は「着太り」してしまうコーデ4選をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)脚

脚を隠したい方は、太めのパンツを選びがち。
最近はワイドパンツや太めのスラックスが流行しているため、つい手に取ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかしラインが太いと着太りしやすいです。
オススメはテーパードパンツ。

裾に向かって細くなっているので、スッキリ見せてくれます。
足首を露出することで細見え効果も期待できます。

(2)胸

胸が大きいと、上半身がガッチリしているように見えてしまいますよね。
カシュクールトップスは、胸元に余裕がありウエストが締まっているので、メリハリをつけやすいです。

完全に隠すのではなく、胸元にゆとりのあるデザインを選ぶのがポイント。

(3)腕

露出が増える季節で気になるのが二の腕。
袖にボリュームがあるトップスは、隠したつもりでも太って見えがち。

カーディガンやシャツを肩掛けするのがオススメです。
さりげなく二の腕をカバーできるうえ、こなれ感も出せるので試してみてください。

(4)ウエスト

ウエストが気になる方は、縦のラインを意識するのがポイント。
Iラインのワンピースで統一感を出すと目立たなくなります。

また長めのネックレスで縦にバランスをとるのもオススメ。

ウエストの1番細い部分でベルトを締めて、メリハリをつけましょう。
脚長効果もあるので、着痩せだけでなくスタイルアップも期待できます。


今回は、実は「着太り」してしまうコーデ4選を紹介しました。

実践したいものはありましたか?
コーデを考える際や、お買い物の際に参考になればうれしいです。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。