LINEは便利なトークアプリですが、NGな送り方をしてしまうと相手に不快な思いをさせたり嫌われる恐れがあります。
特に気になっている男性に対しては気を付けなければなりません。

ではどんなものがNGな送り方なのかを確認してみましょう。

(1)やってしまいがちな返信の催促

LINEは既読機能が付いているなど、素早いやり取りができるのが特徴ですが、それが当たり前だと思ってはいけません。
決して返信の催促はしないように注意が必要です。

気付いていないなどの例外でなければ、ほぼ必ず鬱陶しく思われてしまいます。
気になるとしても、既読の確認程度に留めておきましょう。

(2)一方通行な会話のやり取り

LINEで必須なのは言葉のキャッチボールで、一方通行になってしまってはいけません。
自分の話したいことばかりに執着しないように気を付けながら、相手のことを考えるようにしましょう。

気になっている相手とのやり取りの場合は、自分のことは振られた時だけ答えるようにするくらいの方が良いかもしれません。

(3)相手のことを考えない頻繁過ぎる連絡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。