「その服では隣歩きたくないかも……」「ファッションセンスを磨いてほしい……」
女性は、男性がどのような服装を着ていたら「うーん」とイマイチな反応をとることが多いのでしょうか。

そんな今回は、女性がドン引きする、男性のダサい服装についてご紹介いたします。

(1)ドクロが入ったロゴTシャツ

「かっこいいと思ってる?」「成人過ぎては痛く感じるよ」
中二病と思われることも!

ドクロが入ったロゴTシャツです。
デートの待ち合わせに現れた瞬間、ピシッと周りの空気が凍るレベルのファッションアイテム。

10代ならまだしも、大人で着ているならちょっと……。
嫌悪感を強く持たれやすいです。

(2)インナーが見えている

「なんだか決まって見えない」「だらしなさがあるかも」
インナーが見えてしまっている男性に、女性が抱く印象です。

せっかくオシャレなトップスでも、中のインナーが首元や袖、裾から見えていたら台無しです。
出かける前に、鏡でインナーがみえていないかチェックしましょう。

(3)折り返しに柄があるパンツ

「素敵なアクセントになっていない……」「オシャレどころか、ダサく感じちゃうかも……」
裾を折り返したときに、柄が描いてあるパンツアイテムです。

せっかく良い生地のパンツも、柄ひとつで全身コーデのバランスが崩れます。
デートする中で、ついつい柄に目を向けてしまう、存在感も強いです。

(4)ウォレットチェーン

「もしかして財布とられるの恐れてる?」「なんか、怖いイメージがある」
パンツにつけたウォレットチェーンです。

デートする中、ジャラジャラと音がして気が散ることも……。
ピカッと、光沢があるウォレットチェーンなら、さらにダサく感じることがあります。

財布はパンツのポケットに、何も無しで入れたほうが、かっこよく見えます。


女性は、男性の、長めのカーディガン、折り返したときに柄があるパンツに苦手意識を感じることが多いです。
気になる女性とデートする予定がある方は、ぜひ「女性がドン引きする、男のダサい服装」を参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。