ドキドキ初デートも、失礼な言動一つから、女性に嫌われてしまうことがあります。
女性は、どのような男性とは「もうデートしたくない」と感じることが多いのでしょうか。

そんな今回は、二回目のデートに続かない、男性の特徴についてご紹介いたします。

(1)自分の話しかしない

「俺ってスポーツ万能で、おまけに頭もいい方なんだ(笑)」
「昔から女の子にモテてきて、ぶっちゃけフリーでいる期間がない」など。

自分の話しかしない男性です。
自慢話がとにかく多い男性は、女性はうんざりした気持ちを抱きます。

むしろ「自分に自信がないのかな?」と感じられてしまうほど。
「はいはい(笑)」とテキトーに相槌を打ち、受け流したくなります。

(2)一円単位まで割り勘

口コミが良い、オシャレなカフェに入ってランチ、美味しい余韻に浸るのも、束の間。
会計時、一円単位までお金を割り勘にしたがる男性です。

テーブルの上で、小銭をジャラジャラ確認する姿に、女性は「私なにやってんだろう」と虚しくなります。
「奢ってよ」とは言いませんが「ケチっぽい」部分が見えると、げんなりする女性は多いです。

(3)否定が多い

「家で猫を二匹飼っている」の何気ない話題にも「しっかりお世話できてますか?(笑)」と上から目線。
話をする中、否定的な意見が目立つ男性です。

「人を不快にさせる天才!?」とイライラします。
「他の男性とは違う」自分を演出したい気持ちが見えますが、残念ながら、とことんマイナス要素にうつります。

(4)密室に誘ってくる

まだお互いのことも詳しく知らないのに「俺の家きませんか?」のお誘いは女性はびっくりします。
初デートでは、間違っても密室に誘うことのないよう気を付けましょう。

その場で、即「帰ります」と宣言されるほどの威力アリ。
人気のない路地裏も、嫌悪感を抱く女性が目立つので注意してください。


否定が多く、一円単位まで割り勘を求める男性とは、女性は、二回目もデートとしたいとは感じにくいです。
気になる女性がいる方は、ぜひ「女性が次はないなと感じるデート」に注意していきましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。