子どもっぽいから男性に愛されると思っている女性は多いかもしれませんが、実はその子どもっぽさは男性を疲れさせる原因かもしれません。
男性が疲れてしまう「子どもっぽ女子」の特徴は一体どのような女性なのか、ここで見ていきましょう。

(1)自分のことしか話さない女性

会話の中心はいつも「私」という女性は、男性が疲れてしまう「子どもっぽ女子」といえます。

それは幼い子どもが常に家族の中心で構ってもらいたいと思うのと同じだからです。
何でも「私」が中心でないと気が済まないという女性は、男性にとって関わり合いたくないと感じてしまうのでなるべく他者にも目を向けるようにしましょう。

(2)すぐに拗ねてしまう女性

自身の意見を聞き入れてもらえないと、拗ねてしまう女性も「子どもっぽ女子」の特徴です。

思い通りにならないと拗ねるという行動も子どもらしく大人気ないといえるので、この行動を無意識で取っている女性は男性にとって疲れる存在といえます。
他者の意見を汲み取りながら、自身の意見も主張するのが大人な女性です。

(3)大きな声で話して笑う

一見すると朗らかで明るい女性のように感じますが、場所を弁えずにいつでも大声で話して笑うという行動は「子どもっぽ女子」特有の空気が読めない存在と思われがちです。
ある程度場所を考えて、その場に相応しい行動を取らないと男性から一緒に居たくないと思われてしまうので注意が必要な特徴といえます。

(4)いつも一緒にいたいという女性

男性の場合、たとえ愛している彼女であって常に一緒に居たいと思わない方が大勢います。
友人と飲みに行く場合がその時であり、その時は遠慮をしてついて行くのは控えるのが賢明です。

しかし、一緒に居たいと強く主張して無理にでもついて行こうとする「子どもっぽ女子」になってしまうと、一気に愛が覚める可能性があります。


以上、男性が疲れてしまう「子どもっぽ女性」の主な特徴でした。
愛らしく感じる子どもっぽさは、実は男性にとっては重荷となるので年相応の大人な対応が求められます。

子どもではなく、大人な女性としての立ち振る舞いを身に付けるように心掛けましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。