最近ではLINEが恋人同士の会話にも非常によく利用されるようになっていますが、男性の中から見てこれは無理だと思う「ダメLINE」というのが存在します。

このように思われてしまうと恋愛対象外と考えられてしまい、疎遠になってしまうことが多いので、注意をすることが重要です。
彼氏に嫌がられないようなLINEを心がけましょう。

(1)話が長すぎて終わらせるのが辛い

男性は基本的に話が長いのが好きではありません。
伝えたいことを簡潔に伝えるのが非常によい方法であり、とくにメールやSNSの場合などにはこの点に気をつけることが重要です。

とくに相手があまり興味のない返信をしたり、会話を続けたくないような雰囲気を感じとったら、いちど終わらせるようにする気配りを持つと好感度が高まります。

(2)しつこく返信を催促する

女性は常にLINEなどを利用してやりとりをしたいと思っていることが多いのですが、男性の場合にはさまざまな仕事のやりとりなどもLINEを行ってやっていることも多く、自分の時間を有効に使いながらLINEを使用していることが少なくありません。

そのため、緊急性を感じなければそれほど素早い返信はしないことが多いので、逆にその点をしつこくすると、嫌われてしまうことが多いダメLINEになるので注意をすることが必要です。

(3)自己完結したメッセージを送る

女性の場合には自分の行動に対して、興味を示してもらいたいと言う気持ちが強いため、その報告だけをLINEなどで送信することも少なくありません。

しかし、男性の場合にはその点に興味がない場合も多いため、「だから何?」と言う気持ちになってしまい、恋愛対象外となることが多いのです。
また、基本的にはメッセージには相手に何か伝えたいと言う明確な意志を持って行うことが多いため、このような意味がないと嫌われてしまうことが少なくありません。

(4)しつこく質問を送り付ける

付き合い始めたばかりは相手のことが知りたくてしつこく質問を送りつけたくなってしまうことも多いのですが、質問責めは行ってはいけません。

さまざまなプライバシーに関する事柄もあるため、単にしつこいだけと言う印象が強いダメLINEになってしまうためです。
話の流れをつかみながら、さりげなく聞き出すようなやりとりが理想です。


LINEのやりとりは非常に簡単にできるものですが、それだけに相手の気持ちがなかなか分かりづらいと言う面もあります。
相手の顔が見えない状況だからこそ、上手に相手の気持ちを想像しながら送るのが非常によい方法で、恋愛対象外となることを避けることができるLINEの使い方になっています。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。