実は、男性にはどんなに好きだった相手でも「これは無理」と一瞬で冷めてしまう瞬間があることをご存知でしょうか。

この前会ったときはあんなに笑顔で優しかったのに、という経験がある場合は、あなたの何かが原因で彼の気持ちが離れてしまったのかもしれません。
ここではそんな「一瞬で冷めてしまう瞬間」を4つご紹介します。

(1)マナーやルールを知らない

人として当然守らなければならないルールや公共のマナーというものがあります。
これらを知らない相手には、男性や女性に関係なく一瞬で恋心も冷めてしまうのも当然です。

男性は基本的にカッコをつけたがるので、「一緒にいたら恥ずかしいレベル」の女性とは自然と距離を取るようになってしまうので気を付けましょう。

(2)食事の食べ方がきたない


お互いの距離を一気に近づける食事も、お箸の持ち方がおかしかったり、クチャクチャ音を立てて食べるようでは男性は楽しくありません。
もう一緒に食事をしたくないと思うのは当然で、男性の場合、そこから思考は一挙に「別れ」に繋がることも少なくないのです。

自分では気付きにくいことなので、同性の友達や親兄弟に自分の食事の仕方について尋ねてみるのもいいかもしれません。

(3)思いやりが感じられない


好きな相手なら、自然に思いやる気持ちも出てくるというものですが、約束をドタキャンしても「ごめん」の一言がない、落ち込んでいるときにキツイ言葉を投げかけるなどは、気持ちが一瞬で冷めてしまう瞬間です。

相手を思いやる気持ちはいつか自分にも返ってくるものなので、相手の気持ちを考えて誠実に付き合っていくことが大切です。

(4)嘘を言っていたことが分かったとき

良好な恋愛関係を続けるためには、「信頼関係」が一番大切です。
一般的に女性は男性よりも嘘が上手いと言われているだけに、それに気づいてしまったら信頼関係は一気に崩れ去ってしまいます。

それ以降は何を言っても信用されなくなってしまい、だんだんと一緒にいること自体も苦痛になってしまうのです。


付き合い始めはどれだけ盛り上がっていても、気持ちが冷めるときは自分でも不思議に思うほど一瞬でやってきます。
ここに挙げた4つは何れも単純なことですが、こうした小さいことが恋愛を続けるために大切であるということを覚えておきましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。