彼とケンカをした時など、つい言い過ぎてしまうことってありませんか?
しかし、どんなにカッとしていても言ってはいけない言葉があります。

そこで今回は、彼の愛が冷めていく「地雷ワード」を紹介していきます。

(1)「○○と私どっちが大事?」

「仕事と私どっちが大事?」や「友達と私」など、会えない寂しさからつい言っていませんか?
女性からすると、会えない寂しさを分かって欲しいだけかもしれませんが、男性にとっては「地雷ワード」

そもそも、仕事と彼女は比べられないし、彼も好きで彼女に寂しい思いをさせているわけではありません。

毎回聞かれると面倒な女と思われ、関係が崩れてしまうことも……

(2)「もう別れる!」

彼とケンカをする度に、「もう別れる!」と伝えていませんか?
これは、自分の意見を通したいだけのワガママです。

毎回彼が折れてくれるからと「地雷ワード」を言っていると、本当に別れに繋がる可能性もあります。
「じゃあそうしよう」と言われてしまわないよう、別れの言葉は本当にお別れしたい時だけに使いましょう。

(3)「元カレは○○してくれたのに」

「元カレは……」や「友達の彼氏は……」など、他の男性を引き合いに出すことはタブー。
男性のプライドをズタズタに傷つける言葉です。

女性だって、元カノや友達の彼女を引き合いに出されたら悲しい気持ちになりますよね。
他の男性との比較は一番嫌がる言葉なので、「地雷ワード」として覚えておきましょう。

(4)「浮気?」

ちょっとしたことですぐに「浮気?」と聞いていませんか?
例えば、LINEの返信が遅かった、帰りが遅かった、仕事が忙しい時など。

好きだからこそ疑ってしまう気持ちも分かりますが、毎回のように疑われると信頼されていないと思うもの。
浮気をしていないのに疑われるのは誰しも嫌なことなので、彼を信頼するようにしましょう。


お付き合いが慣れてくると、気持ちに任せて「地雷ワード」を言ってしまっているかも。
相手を傷つける言葉は、どれだけ仲が深まっていたとしても言ってはいけないこと。

別れに繋がりかねないので、「地雷ワード」を知っておくことが大事ですよ。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。