自分ではそんなつもりはないのに、知らず知らずのうちに「嫌われLINE」を送っちゃってたなんてこと、あるのかも。
LINEで男性とやり取りをするときは、近愛紹介する内容に気をつけて送りましょう!

(1)ネガティブLINE

誰しも落ち込んだり、ムカついたりすることはあると思います。
でもそのストレスを相手にぶつけるのは違いますよね。

あなたの全てを知った上でのネガティブLINEならまだしも、物事の全てを知らない男性からしたら「愚痴っぽい人なのかな」とか「怒りっぽい人だな」ななんて悪印象を与えてしまうことも。
共感して欲しい気持ちは分かりますが、男性とは楽しい話をするように心がけて。

(2)お母さんLINE

「今日のご飯はなににしたの?」「ちゃんと栄養摂らないとだめだよ」「たまには自炊してバランス考えないと」なんて、彼のお母さん気取りのLINEしちゃってませんか?
そんなに仲良くないのに、彼のプライベートにづかづかと入り込むのはNGです。

彼には彼のスタイルがあることを理解し、過干渉になりすぎないように気をつけて。

(3)日記LINE

好きな人が相手だからこそ、自分のことを知ってもらいたいのも分かります。
ただ、聞かれてもないことをベラベラと相手に送るのは控えて。

男性からすると、興味のない女性からの日記LINEは「正直だるい」もの。
質問されたことはきちんと答えて、余計なことまで話し過ぎないようにしましょう。

(4)返信の要求

彼から返信が来ないからといって、「返信して!」って言うのはマナー違反です。
返信するのもしないのも、彼の自由です。

もし彼からなかなか返信が来なかったら「変な内容を送ってないか」「彼も忙しいかもしれない」と落ち着いて、返信を待ちましょう。
返信の強要をする女性とは「付き合ったら大変そう」っていうのが正直なところ。

彼のペースに合わせてあげられるくらいの余裕を持って。


LINEだからこそ、その取り扱いは難しいもの。
LINEにはLINEのルールがあることを理解して、彼が返信したくなるLINEを送りましょう!

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。