お互いが心地良い恋人との距離感って、本当に難しいですよね。
近すぎると息苦しさや束縛を感じ、遠すぎると好きなのか不安になってしまう……

そこで今回は、男が思う彼女との「ほどよい距離感」を紹介していきます。

(1)全てを共有しない

好きな彼の全てを知りたいし、自分のことも知って受け入れて欲しいと思いますよね。
しかし、お互いの時間や趣味、友人など生活の全てを共有すると息苦しくなるもの。

ちょっとした誤解から浮気を疑ったり、価値観の違いに戸惑ったりします。
恋人同士であっても全ては共有できないので、知らないことがあって当然と割り切りましょう。

(2)自分の時間を持てる

全ての空き時間を、彼と会うために空けていませんか?
それをされると、彼は自分の時間を使いたいと言い出しにくくなり、束縛を感じます。

友達と会う時間や趣味の時間、心身を休める時間など自分のための時間を持てることが必要。
もちろん、なかなか会えないカップルならどちらかが時間を合わせることも必要ですが、自分の時間は持てるようにしましょう。

(3)連絡ルールを押し付けない

1日○回必ず連絡する、寝る前は電話で話すなど、連絡ルールを押し付けていませんか?
その日によって予定も違えば、忙しい時も疲れている時もあります。

連絡しなければというプレッシャーに、彼は疲れてしまうかも。
連絡ルールでお互いの不安がなくなるなら良いですが、一方的なルールは押し付けないようにしましょう。

(4)譲り合える

「ほどよい距離感」をとるために、どちらかが我慢している関係は長く続きません。
お互いが我慢しなくても良い距離感を見つけることが大切。

そのためには、自分の気持ちばかりを押し付けるのではなく、譲り合う気持ちが必要です。
人によって「ほどよい距離感」の感覚は違うので、2人で見つけていくようにしましょう。


大人カップルは、恋愛中心の生活では難しいですよね。
仕事や趣味、友達関係など恋愛以外の大切なものがあります。

お互いが我慢しない「ほどよい距離感」を探って、関係性を深めていきましょう。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。